photo by Getty images

日本人が知らない「温暖化対策」巨額すぎる無駄なコスト

見習うべきは日本の災害対策投資だ

二酸化炭素は敵ではない

「人類が排出する二酸化炭素が原因となって地球が温暖化し、将来大変なことになる」という「地球温暖化論者の主張」が、「宇宙人が侵略してくるから、今すぐ地球防衛軍を設立すべきだ」という主張以上の信憑性を持たないことは、10月9日の記事「『地球温暖化騒動』の『不都合な真実』に目を向けよう」ですでに述べた。

 

そもそも、二酸化炭素は、人類が化石燃料を使い始めてから突然出現したわけではない。

現在の空気の組成は窒素が約80%、酸素が約20%で大部分を占めるが、二酸化炭素は大気のうち約0.040%だけである。

シアノバクテリア(光合成細菌)が登場したおおよそ30億年前(学説によってかなりブレがある)までは、空気中に酸素はほとんど存在せず、この時に二酸化炭素を使用する光合成が行われることによって初めて酸素が登場した。

シアノバクテリアが大発生したことによって、当時ほとんどの生物にとって毒素であった酸素があふれ、多くの既存生物が死滅したと考えられる。

その中で、「毒素である酸素」に耐性をもち、むしろ高エネルギーの酸素を活用する「有酸素呼吸」をする生物が生き残り、世界を支配するようになったのである。

ダーウィンの進化論を持ち出すまでもなく、「酸素の登場という環境の変化に適応」した生物だけが生き残れることができた。

どのような生物も地球環境の変化に「適応」したから勝者になったのであり、有害な酸素を排除しようなどという「地球環境を変えようとする、神をも恐れぬ傲慢な考え」を持っていたとしたら全滅する運命を迎えたはずだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/