Photo by iStock

ジム不要!めきめき体力がつく「ウォーキング」の新常識、教えます!

「一日一万歩」は意味がない!?
「ウォーキングは健康によい」ということは誰でも知っているが、「どれくらいの速度で」、「どれくらいの頻度で」、「どれくらいの時間行えば」、「どんな効果が得られるのか」。これらの素朴な疑問を抱いていて、なかなか実践できない方が多いように思う。

そこで、ブルーバックス『ウォーキングの科学』で、研究成果をもとに、これらの疑問に明確な答えを示した。今回は、その中から抜粋したエッセンス版を特別に公開しようと思う。

生活習慣病の原因は「体力の低下」だった

私たちの体力は、20歳台をピークとし、30歳以降、10歳加齢するごとに5-10%ずつ低下する。これは単に運動不足のために起こるのではなく、筋肉の萎縮によって引き起こされる。

これは「加齢性筋減少症(サルコペニア)」と呼ばれる。肌にしわがよったり、頭の毛が薄くなったりするのと同じ加齢現象なので、誰も逃れることができない。そして、20歳台のレベルの30%以下になると「要介護」状態となる。

Photo by iStock
拡大画像表示

ここで私たちが強調したいことは、この体力の低下と医療費とが見事に相関することだ。なので、疫学(医療統計学)者の間では「この体力低下こそが、高血圧、糖尿病などの生活習慣病だけでなく、認知症やうつ病、がんも含めた加齢性疾患の根本的な原因なのではないか」とずいぶん前から考えられていた。

この疑いには長らく証拠が見つかっていなかったのだが、最近の分子生物学の進歩によって、どうもそれが本当らしい、ということが私たちの研究も含めて明らかになりつつある。

ウォーキングの科学』を書いた第一の目的はそれを読者に紹介することだ。そして、もし体力の低下が加齢性疾患の根本原因なら、運動処方によって体力を向上させればこれらの疾患の症状が改善し、医療費も削減されるはずである。

本書のもう一つの目的は、私たちの研究結果がその考えを支持していることを読者に紹介することだ。しかし、これらの結果を得るのになんと20年近くかかってしまった。

なぜ、こんなに長くかかったのか。その理由を以下に述べる。

「国際標準」は、とにかく「お金」がかかる!

私の専門とする「運動(スポーツ)生理学」における体力向上のための運動処方の「国際標準」を紹介しよう。

まず、トレッドミル(ランニングマシン)や自転車エルゴメータなどのマシンを使って個人の体力を精度よく測定する。そして、体力の上限の60%以上の強度を持つ運動を、それらのマシンを使って1日30分以上、週3日以上実施する。そうすれば、遅くとも6ヵ月で体力が10%以上向上し、それに比例して生活習慣病を含むさまざまな加齢性疾患の症状が改善する、というものだ。

Photo by iStock
拡大画像表示

一方、このやり方にはお金がかかる。マシンを購入しなければならないし、それを置いておく場所もいる。何より、運動トレーニングを指導するスタッフを雇わなければならない。

したがって、この国際標準の運動処方を「忠実」に実施するには、低く見積もっても、一人あたり、なんと年間30万円もの費用(会費)が必要となるのだ。