写真:宮内庁提供

天皇が子ども時代に親しんだ『カミサマノオハナシ』のスゴイ中身

美智子さまが選んだ

「三種の神器」の言い伝え

来る10月22日、「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」が行われる。

これは、「平成」から「令和」へと年号が変わった5月1日から始まった、天皇陛下が即位されるための式典の一つで、新天皇の即位を国内外に示す主要儀式である。

平安時代の絵物語さながらの古式ゆかしい衣装や儀式の様子を垣間見られる数少ない機会である。台風被害で延期はされたが、天皇・皇后両陛下を乗せたオープンカーによるパレード「祝賀御列の儀」に足を運ぶ方もいることだろう。

 

新しい天皇が即位するタイミングは、日本の神話に触れることのできる、またとないチャンスでもある。

たとえば今年の5月1日、皇居・宮殿で執り行われた「剣璽(けんじ)等承継の儀」で、侍従がうやうやしく捧げ持って天皇陛下に差し出したいくつかの「箱」をご記憶だろうか?

宮内庁提供

天皇陛下に差し出されたのは、四角い箱、細長い箱、小さな箱が二つ――。これらは、その前日に執り行われた「退位礼正殿の儀」で上皇陛下から新しい天皇陛下に譲渡された「三種の神器」である。

四角い箱に「璽(じ)」(勾玉)、細長い箱には「剣」、これに「鏡」が加わって、皇室の正統たる帝の証しであるとされ、皇位継承と同時に継承される。中央に置かれた小さな箱二つは、国事行為に使われる天皇の印「御璽」と国の印章「国璽」である。

「三種の神器」とは、「八咫鏡(やたのかがみ)」「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」を指し、「草薙剣」と「八尺瓊勾玉」を併せて「剣璽」という「八咫鏡」は、宮中三殿の賢所(かしこどころ)におさめられている。

神器は、『古事記』『日本書紀』に登場し、いずれも神々が降臨したときに手にして、歴代天皇が継承してきたものである。

神器にまつわる物語、子どもの頃に読まれた方は、覚えているだろうか?

「鏡」のエピソードは、比較的知られているだろう。天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸に隠れてしまい、世の中が光を失い闇が支配した際、神々が岩戸の外で神楽を舞うなどして天照大御神を外へと出すわけだが、少し岩戸から顔を出した天照大御神の気を惹いたのが「鏡」であった。天照大御神は、「自分より美しい女性がいる」ことに興味を覚え、外へと導かれたのである。