消えた栄光のドラフト1位「ただの人」になった金の卵たちの告白

グラウンドを去る人、もがき続ける人
週刊現代 プロフィール

いきなりの挫折

まさに、「三顧の礼」をもって迎えられた大石は「ストレートには自信がある。開幕一軍を目指して頑張っていきたい」と意気込みを隠さなかった。

だが、1年目のキャンプで、いきなり挫折が待ち受けていた。

きっかけは、渡辺久信監督(当時)が、大石を先発で起用する方針を示したことだった。ドラ1で獲得した投手にチームの顔である先発を担って欲しいと考えるのは、無理からぬことだろう。

 

だが、前出の菊地氏はこの一報を聞いて不安を感じたという。

「外部からどうこう言うことではありませんが『えっ?』とは思いました。彼は制球にやや難があり、適度に荒れるのもリリーフとしては魅力だった。

ただ、逆に長いイニングを投げるとすれば、球数を抑えるためにも制球力が必須。大学時代から長らくリリーフ専門だった彼に、いきなりプレッシャーをかけて大丈夫なんだろうか、と心配になりました」

案の定、大きな期待に誰よりも焦りを感じたのは大石本人だった。

2年目から投手コーチとして大石を指導した杉本正氏が振り返る。

「ルーキーイヤーのキャンプから周囲に言えないような悩みを抱えていたようです。先発転向を過剰に意識するあまり、腕の振りや制球を変えようとしてフォームがバラバラになっていました。

上半身と下半身のバランスが取れなくなっていて、いかに修正するかをずっと話し合っていた」

結局、適性のあるリリーフへと戻ったものの、一度失ってしまった感覚はなかなか取り戻せない。ストレートの球速は130㎞台まで落ち、肩の故障も重なった。

「自分のベストな型が見つけられず、肩もヒジも壊してしまった。ただでさえ慣れ親しんだフォームを変えるのは難しい。とりわけ、大石の場合は生真面目で考えすぎてしまうところがありました。

『弱気になるな。バッターを見下ろしていいんだよ』とずっと言い続けていたけれど、最後まで自信を取り戻させるのが難しかった」(杉本氏)

9年間のプロ生活で大石が挙げたのはわずかに5勝。入団時の世間からの期待を考えれば、なんとも寂しい数字だろう。無念を胸に、大石は来年からは西武の球団職員になる予定だ。