〔PHOTO〕iStock

「あいトリ」騒動は「芸術は自由に見ていい」教育の末路かもしれない

明らかになった、芸術をめぐる「分断」

あいちトリエンナーレ2019が閉幕した。これほど騒ぎになった芸術祭は日本ではかつてなかっただろう。話題の中心となったのは最後まで「表現の不自由展・その後」だった。もっと光を当てられるべき良い作品が多数あった中、これは残念なことだ。

当初批判の的となったのは、キム・ソギョン/キム・ウンソンの《平和の少女像》と大浦信行《遠近を抱えて Part II》の2作品だったが、「表現の不自由展・その後」の展示再開後には、「Chim↑Pom(チンポム)」の映像作品、《気合い100連発》も批判され出した。

本稿では、今回の騒動があらわにした分断と、その背後にある芸術観について考察する。まずは《気合い100連発》に向けられた批判を見ることから、話を始めよう。

 

Chim↑Pom《気合い100連発》への誤解

《気合い100連発》は、Chim↑Pomのメンバーが福島県相馬市の若者たちと円陣を組み、順番に気合いの掛け声を叫び合うという映像作品である。撮影されたのは震災からわずか2ヶ月後の2011年5月。原発事故の行く末も見えないさなかの、被災地の若者感情を見事に切り取った点で、この作品は高い評価を受けてきた注1

この作品で円陣を組んだ若者たちは、最初は「復興がんばろう!」「風評被害なんてぶちかませ!」といったポジティブな、そしてある種一般論的な言葉を叫んでいたが、次第に掛け声のアイデアにつまりながら、即興で思い思いの気持ちを叫ぶようになっていく。「彼女欲しい」「お父さんありがとう!」といった個人的発言が入りだし、終盤では「原発ふざけんな!」など現状への怒り込めた言葉が飛び出す。

「放射能最高!」「放射能浴びたいよ!」と自虐的な叫びが飛び出すのは、この感情の盛り上がりが最高潮に達したときだ。瓦礫に囲まれた中で皮肉を込めつつ必死に威勢を張る彼らの声は、少なくとも誰かを攻撃したり批判したりするものではまったくない。Chim↑Pomのリーダー・卯城竜太は、今回作品への批判を受けて出演したラジオ番組の中で、この声は「人間讃歌」なのだ、と述べた。

作品中に出てくる福島の様子〔PHOTO〕Chim↑Pom公式サイトより引用

だが今回の騒動では、この《気合い100連発》の「放射能最高!」という言葉にばかり注目が集まり、「福島をバカにしている」などの批判が巻き起こった。

今回のあいちトリエンナーレをめぐる騒動で私が気になる点、もっといえば懸念している点は、芸術作品の一部を恣意的に切り出して批判する人があまりにたくさんいた点、そして、その恣意的な批判が盛り下がらずに維持されつづけた点だ。以下では、この騒動の元にあった現代日本のいくつかの芸術観を指摘していきたい。