# SNS # 犯罪

「瞳の景色」だけで殺されかける時代到来…こんなSNS写真がヤバい

アイドル襲撃事件は他人事ではない
坂本 翔 プロフィール

「映っていないモノ」にこそ注意

ここまで述べてきたように、最寄り駅の景色や自宅の様子が分かるような写真はできる限り注意して取り扱うべきだが、それだけでは防げない危険も存在する。

一般に、スマホ・カメラで撮影した写真には、撮影日時であったりレンズのF値(レンズの明るさを示す指標)であったり、画像とともに様々なデータが書き込まれる。それらはメタデータと呼ばれ、EXIF(イグジフ)という形式に沿って写真に記載される。

Photo by iStock

このEXIFに、緯度/経度/高度の位置情報が含まれる場合があるのだ。特にiPhoneの場合、GPS衛星及びWi-Fi/携帯電話回線の情報をもとに正確な位置情報を求める機能があるため、撮影地点がかなり正確に記録される。つまり、映っているモノ自体には個人情報が含まれていなくても、写真そのものに個人情報が埋め込まれているのである。もちろん、ここから見ず知らずの人に住所を突き止められてしまう可能性がある。

iPhoneの場合、位置情報を含めずに写真を撮影したいときは、「設定」から「プライバシー」を開き、「位置情報サービス」をオフにすることでそれが可能となる。すでに撮影してしまっている写真の位置情報を消したい場合、iPhoneは「Koredoco」、Androidは「Photo exif editor」というアプリでそれぞれ位置情報の削除が可能だ。

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、スマートフォンの魅力だ。しかし説明書がないゆえに、独自の解釈をしてしまい、知っているつもりでも正しく理解できていないことがしばしば起こり得る。加速度的に変化が進む令和時代。新しいものが出てきたときには、自らを過信せずに正しく理解しようとする姿勢が求められるということを心に刻んでおきたい。