Photo by iStock

「カレー給食を中止」する学校文化に「欠けている論理」を考えてみた

プログラミング教育必修化は愚策に?
2020年4月から、小学校のプログラミング必修化が行われる。小学生全員にプログラミングを教えることにどのような意味があるのか。意味がなければこれは「愚策」で終わってしまうが──。

プログラミング教育はいらない』(光文社新書)著者の岡嶋裕史氏が、文部科学省の本当の狙いを徹底解説し、その障壁となる日本の学校文化の問題点を明らかにする。

目的はプログラミング「自体」ではない

いよいよ2020年4月から、小学校でプログラミング教育が必修化される。まさかの必修化である。ほんとに大丈夫なのか、ちゃんと教えられるのだろうか、子どもたちはどう受け止めるのだろうか。思うことは各人各様だろう。

私自身は、小学校で、しかも必修でプログラミング教育を導入することには反対である。それがPythonやC#といったプログラミング言語の習得を目標としているのならば、別に焦って小学校でやらなくてもいいと思う。好きな子は授業で強制されなくても、勝手にやるだろうし。

ただ、今回のプログラミング教育必修化は、どうもそれが目的ではなさそうだ。

小学校でプログラミング教育が導入されることになったきっかけは、「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」における議論である。それが、中央教育審議会にかけられ、小学校学習指導要領に反映されていく。

会議名称からも明らかだが、やりたいのは、次世代を創っていく子供たちに、次世代を生き抜く力として、論理的思考力、創造性、問題解決能力という武器を授けることである。プログラミングはそれを獲得するためのツール、もしくはメソッドであり、それ自体が目的ではない。

これは、文科省が公表している「小学校プログラミング教育の手引」に掲載されている図である。

注目して欲しいのは、「プログラミング教育を通じて、児童がおのずとプログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりすることは考えられるが、それ自体を、ねらいとはしない」という記述である。

言語やコーディング技法の知識・技術が、おまけでついてくることはあっても、目的ではないことが明示されている。

技術の「ブラックボックス化」を防ぐ

では、何のためのプログラミングを学ぶのか?

まずは、コンピュータ、情報システムのブラックボックス化を少しでも阻むことである。

「十分に発達した技術は魔法と区別がつかない」は、私が好きな箴言だが、ほんとうに生活に食い込んだ現在の情報システム群は、魔法のようだ。一昔前であれば、魔法でしか実現が不可能であったと考えられる事象や行為が、ふつうに情報サービスとして、商品として提供されている。

十分に発達した技術は魔法と見分けがつかない Photo by iStock
拡大画像表示

そうした高度なサービスが受けられるのは素晴らしいことだが、一方で魔法は使えない者に無力感を刷り込みもする。

私はITエンジニアを陰陽師にたとえるのが好きである。本人は頑張っていて、社会を良くするために身を粉にして働いているのに、いまいち社会に受け入れられていないというか、うさんくさく思われているところが似ている気がするのである。

「なんだか怪しい術式をつかう連中が、社会を規定している」「自分たちは損をしているのではないだろうか」「彼らから正しく身を守ることは無理なのではないか」「どうやっても、彼らにかなうわけがない」といった疑心暗鬼や諦念を生んでしまう。

我々が目指した情報社会とは、そうではなかったはずだ。