食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、ドラマ『あなたの番です』の尾野幹葉役で注目を集めた女優の奈緒さんが初登場! カレー屋さん巡りが趣味という奈緒さんの“癒やしカレー”をご紹介します。

数種類のスパイスが香味高い
名喫茶の本格インドカレー

「コーヒーが飲みたくて入った喫茶店で出合ったカレーです」。奈緒さんが訪れた喫茶店は、「Flor de Cafe 銀座 樹の花」。店主の成沢弘子さんが「美味しいコーヒーとケーキを出すお店をやりたい」と1979年に開店しました。

店を開くにあたり、コーヒーの専門学校「珈琲美学」でコーヒー豆のブレンドの仕方や煎り方などを学んだという成沢さん。注文を受けるごとに新鮮な豆を挽き、一杯ずつハンドドリップ。必ずひと口試飲し、味を確認してから提供しています。

コーヒーは、ストレートが2種類、樹の花オリジナルブレンド4種類。ほか、アイスやエスプレッソなどを揃えています。

カレーは開店から程なくして、周辺で働く人向けのランチとして提供したのがはじまり。オリジナルの「豆と野菜のカレー」の1種類だけの提供だったが、半年後に南インド・マドラス出身の方と知り合い、本場のカレーの作り方やスパイスの使い方を教わる。新たに特製カレーがメニューに加わった。

豆と野菜のカレー (ナンorライス付き) ¥1050

現在は定番と週替わり1種類の合計2種類で、昔から変わらず手作り。奈緒さんのオススメは定番の「豆と野菜のカレー」。「本格的なスパイスの香り、そしてたっぷり入ったお豆と野菜の甘さでやさしさを感じる“癒やしカレー”です」。

ベースの玉ねぎとトマトに、7種類のスパイスをバランスよく配合。具材はイエロースプレッドピー(黄えんどう豆)やグリンピース、ナス、赤ピーマン、しめじなどが入ります。油は最小限に、無化調、添加物不使用なので、奈緒さんがやさしいと感じるのも納得です。

そして、「樹の花」はあることで有名なお店でもあります。それは、ジョン・レノンとオノ・ヨーコが訪れたこと。オープン4日目に突然ふたりはやってきました。

「まだオープンしたばかりで、お客様が階段を上がってくる音が聞こえるたびにドキドキしていました。コツンコツンと音がしてお客様が来た!と思って入り口を見ると、オノ・ヨーコさんでした。次いでジョン・レノンさんが入ってきて……驚きました」と成沢さんは当時を振り返ります。

そのとき注文したのは、ジョン・レノンがコロンビアコーヒー、オノヨーコがダージリンティー。店内に1時間ほど滞在し、ジョンはコーヒーをおかわりしたそう。

そのときに座ったテーブルと席は今でも残っており、そのときにいただいたサインも飾られています。この席を求めて遠方からも多くの人が訪れ、ふたりに思いを馳せているそうです。

アーモンドクッキー 2枚 ¥280

成沢さんはサインをいただいた御礼に、手焼きのアーモンドクッキーをサービスで出したところ、気に入ったのか子どものお土産にするとテイクアウトしました。

レノンセット ¥1030

それを受けてメニューに加わったのが「レノンセット」。ジョンの注文したコロンビアコーヒーとテイクアウトしたアーモンドクッキーのセットです。

コロンビアコーヒーは、やわらかの酸味とキリッとしたコクがあり、とてもマイルド。

アーモンドだけの粉と卵で手焼きしたアーモンドクッキーは、やさしい甘みとナッツの香ばしい香りが滋味深い味。コーヒーとの相性も抜群です。

奈緒さんは、もともとコーヒーを飲みに「樹の花」を訪れただけにコーヒーにも大満足。「喫茶店のやさしいカレーと美味しいコーヒーの組み合わせが、今日ももう少しがんばろうと思わせてくれます」。

ランチはもちろん、歌舞伎座から近いため観劇終わりに訪れる人や、銀ブラの休憩に立ち寄る人も多いです。奈緒さんのように、1日をもう少しがんばる活力を求めに行ってみては。

Flor de Cafe 銀座 樹の花
東京都中央区銀座4-13-1 2F
☎03-3543-5280
営業時間:10:30〜20:00(19:30LO)、土・祝12:00〜18:30(18:00LO)
定休日:日

PROFILE

奈緒 Nao
1995年2月10日生まれ。福岡県出身。女優。映画やドラマなど多数の作品に出演し、ドラマ『あなたの番です』尾野幹葉役で注目を集める。毎週火曜21時より放送中のドラマ『まだ結婚できない男』(関西テレビ系)、11月1日よりスタートするドラマ『赤ひげ2』(毎週金曜20時/BSプレミアム)、11月30日公開の映画『ハルカの陶』、2020年秋公開の映画『みをつくし料理帖』に出演。

Illustration:YUGO. Photo:Tatsuya Hamamura Composition:Seiki Ebisu