撮影/佐藤圭
# 動物

世界遺産・知床で人馴れしてしまったヒグマたちの悲しい末路とは?

北海道から毎日お届け中!

週末や観光シーズンにはヒグマ渋滞が発生

世界遺産の知床をドライブしていると、たくさんの野生動物が出迎えてくれます。

キタキツネ、エゾシカは、行けば必ずと言っていいくらいに会うことできます。

 

でも、観光で訪れる人が一番見てみたいのは、やはりヒグマでしょう。

この日、現れたヒグマは、川で鮭を食べたあと、こちらをひと睨みして山に帰っていきました。

知床は、野生のヒグマに出会える可能性が高いので、人気があるようですが……。
 

近年、ヒグマ見たさに路上駐車をする人が増えて、週末や観光シーズンにはヒグマ渋滞が起きています。決して広い道路ではないので、渋滞すると事故の危険も増します。

また、元々ヒグマは人を恐れて近づいてはこないのですが、人の方からヒグマに近づきすぎると、ヒグマが人馴れしてしまい、人を恐れなくなってしまいます。

人に近づくようになったヒグマは、危険だと判断され射殺されてしまいます。

ヒグマがいたら、見たい気持ちはわかりますが……。

世界中から観光客がやってくる世界遺産なので、とても難しい問題です。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!