2019.10.15
# 日本株

米中貿易戦争のウラで、いよいよ日本株の「大相場」がやってくる

大きく株価が跳ねやすい
大川 智宏 プロフィール

口先介入

そして、この仮説については、TOPIXと併記して示すことで(ある程度は)支持される。

すべての局面で一致するわけではないが、特に市場が反転を始めるリスクオンの入り口におけるリバーサルの発生への影響は大きいように思われる。 

2018年以降の日本株の12ヵ月リターン・リバーサル効果とTOPIX

拡大画像表示出所:Datastream

市場の反転時において強いリバーサルを伴ってリスクオン相場が発生した後に、投資効果がモメンタムに転じることから、米中摩擦の解決期待が剥落し、平常状態に戻るか、もしくは摩擦の悪化もしくは長期化懸念に伴うリスク回避型の投資が市場の中で主体となるのだろう。

その後、そのセンチメントの悪化を払拭するためにSNSを通じたトランプ大統領の「口先介入」や首脳・閣僚級会談の開催などによって再びリスクオンフェーズに……といったように、リスクのオン・オフが一定期間・一定のレンジで規定されてしまっている可能性は高い。

 

景気もしくは株価の維持という観点から、オーバーシュート、または過度なリスクオフを調整しようとする外的圧力が働くのであれば、長期的に売られ過ぎた銘柄が買われ、上がり過ぎた銘柄が売られるような局面が一定期間ごとに到来することは不思議なことではない。

SPONSORED