Picture by gettyimages
# 生態系・生物多様性

「鉤爪」で武装!? あのダイオウイカと並び立つ「巨大イカ」の秘密

イカした墨の使い方をするイカもご紹介
毎度おなじみ「MOVE」コラボ記事、今回は「イカ」にクローズアップ!
我々の食卓には馴染みが深いイカ。「イカスミパスタが大好物!」という方も多いのではないでしょうか。
「イカスミの意外な使い方」「超巨大なイカの謎に包まれた生態」の二本立てでお届けします!

生き物はいろいろな方法で敵から逃げます。

イカは自分で吐いたスミをおとりにして、敵の眼をそらして逃げるという技を持っています。

イカの墨はおとり?

イカもタコも墨を吐きますが、墨の役割が違います。

イカの墨はねばねばしており、海中に墨を吐き出すとしばらくかたまりのまま漂うので、敵が墨のかたまりに気をとられている間に逃げることができます。

イカの墨はおとりになる Illust by gettyimages
拡大画像表示

一方、タコの墨はさらさらしていて、吐き出すとすぐ海中に広がります。墨が黒い煙幕のような役目をするので、敵がタコを見失っている間に逃げるのです。

墨にかくれるスゴ技!

しかし墨をおとりとして使うだけではなく、煙幕のように使うイカもいるようです。

ツツイカJAMSTEC「深海映像・画像アーカイブス」より

上のリンク先の映像は、2013年6月6日、西マリアナ海嶺の水深約160mで撮影されたツツイカ目の1種です。

イカが勢いよく墨を吐いて逃げたと思いきや、よく見ると、墨の後ろに戻って隠れていることがわかります。

敵から姿を隠し、その場からいなくなったかのように見せかけているようです。

しばらく墨の後ろに留まったあと、一瞬にして逃げていきました。

墨を吐いて獲物を狙う!?

イカの墨の使い方はほかにもあるようです。

ある研究では、ヒメイカという小型のイカが、狩りをするとき巧みに墨を利用していたと報告されています。

あるヒメイカは自分と獲物との間に墨を吐いて自分の姿を隠し、すばやく突進して獲物をとらえていました。

また、離れた場所でいくつか墨のかたまりを吐き、獲物の注意をそらしてから攻撃するヒメイカもいたそうです。

他の種類のイカもこのような行動をとるのかなど、詳しいことはわかっていません。

しかしイカの仲間が知性を持っていることは確かなようです。