「令和おじさん」菅官房長官、いつの間にか最強の政治家になっていた

進次郎を利用し、麻生を潰し…
戸坂 弘毅

菅の術中にはまった

麻生はなぜ、そこまで意固地になったのか。カギは菅の存在だった。

前述した16年の衆院補選で、小川が麻生から応援を頼まれた時、すでに麻生の推す候補の劣勢は明らかだった。悩んだ小川は、対立候補を支援していた旧知の菅に相談。菅に「応援には行かない方がいい」とアドバイスされた小川は、病院に逃げ込んだ──少なくとも、麻生はそう信じているという。

麻生側近は「面子を潰されたと感じた麻生は、それゆえ負け戦覚悟で知事選に突っ込んだ」と明かす。

 

地元の最有力議員と対立関係に陥った小川は、その後も折に触れて菅に相談した。麻生が自分に対立候補を立ててくることを知った際には、弱気になり立候補断念も検討したが、菅は「心配いらない。私が応援する」と激励。それゆえ、小川は昨夏頃には立候補の意向を固め、麻生との全面対決に突き進んだのである。

麻生は、自分が擁立した武内に自民党本部の推薦が出れば、小川は立候補を断念すると考えていたようだが、結局、菅の術中に嵌り大きな痛手を負ったというわけだ。