「令和おじさん」菅官房長官、いつの間にか最強の政治家になっていた

進次郎を利用し、麻生を潰し…
戸坂 弘毅

福岡県知事選、麻生の激怒

一方、麻生と岸田はもともと同じ宏池会=旧宮沢派の仲間であり、今も定期的に酒食を共にする。麻生派には今回の改造で外相から防衛相に横滑りした河野太郎という総裁候補もいるが、麻生は、派閥活動と距離を置く河野を次の総裁選で担ぐつもりはない。そのため、有力な選択肢として岸田の擁立を考えているのだ。

この2人が岸田の脇を固めれば、菅に出番はない。

数でみても、最大派閥の安倍派=細田派と第3派閥の麻生派、それに第4派閥の岸田派が組めば、それだけで自民党国会議員の過半数を超える。菅はこの構図を何とか打破しようと策謀を巡らせてきた。

 

菅と麻生の対立が如実に表れたのが、4月に麻生の地元である福岡県で行われた県知事選である。

事実上、麻生が擁立した自民党推薦の新人・武内和久と、現職の小川洋の一騎打ちとなり、現職の小川が圧勝。麻生は選挙後、党推薦候補が惨敗した責任を取るとして県連最高顧問の職を辞した。

麻生が、特に失点もない現職の小川に対抗馬を立てた理由は、2016年9月の衆院福岡6区の補欠選挙にあった。

保守分裂選挙となったこの補選で、麻生は当時の県連会長(県議)の長男を支援し、小川に対してその応援に入るよう求めた。ところが小川は、一旦は了解したにもかかわらず、直前に病気と称して病院に逃げ込んだ。

小川は8年前、麻生が自ら手引きして福岡県知事に据えた男だ。その小川が裏切ったことに、麻生は激怒した。その後は小川が陳情に訪れても面会謝絶を貫き、周囲には「(県知事選で)必ず対抗馬を立てる」と宣言してきた。

Photo by gettyimages

だが、そうした麻生の態度には、麻生後援会の幹部でさえ、「応援要請に応じなかったというだけで、あそこまで怒るとは」と驚きを隠さなかった。

県知事選の3か月前には、安倍晋三が麻生に世論調査の結果を示し、「現職の小川には勝てませんよ」と撤退するよう説得した。しかしその際も、麻生は「これは私の面子の問題だ」と一歩も引かなかった。安倍は仕方なく、新人の武内に党本部の推薦を出すことを了承したが、安倍も「歳のせいか、麻生さんもおかしくなったね」と首を傾げた。