「令和おじさん」菅官房長官、いつの間にか最強の政治家になっていた

進次郎を利用し、麻生を潰し…
戸坂 弘毅

麻生太郎を敵視する理由

菅の標的はまず、安倍の盟友であり政権の大黒柱である副総理・財務相の麻生太郎。次いで次期首相の最有力候補である自民党政調会長の岸田文雄だ。

菅と麻生の2人の対立は、これまでも度々報道されてきた。

かつては菅が麻生を支えた時期もあったのだが、第2次安倍政権発足後、2人はともに政権の要でありながら、重要な局面でことごとくぶつかってきた。

Photo by gettyimages

2015年には消費税への軽減税率の導入をめぐって、公明党の意向に沿った大規模導入を主張する菅に対し、財務相の麻生が反対して対立。翌16年には、麻生が予定通り2017年の消費増税の実施を求め、仮に再延期するなら衆参ダブル選で信を問うよう主張したのに対し、菅は衆院解散に猛反対した上で消費増税の再延期を唱えて全面衝突──。

いずれのケースも、安倍は最終的に菅の判断に軍配を上げた。

その因縁の2人が今、「ポスト安倍」時代を睨んで水面下で暗闘を繰り広げている。否、菅が麻生の力を削ぐために権謀術数の限りを尽くしている、と言ったほうが正確かもしれない。

 

菅がなぜ、麻生を敵視するのかは単純な理由だ。最大派閥・細田派の事実上の領袖である安倍と、第三派閥を率いる麻生が、ともに「ポスト安倍」の一番手に岸田を考えているからだ。

安倍・麻生が協力して「岸田政権」が誕生すれば、そこに菅が入り込む余地はなく、権力の中枢からはじき出される可能性が高い。それゆえ菅は、麻生と岸田の2人を標的にするのだ。

もう少し説明すると、安倍と岸田は初当選同期かつ二世議員同士でもあり、気心が知れた間柄だ。安倍は首相退任後も最大派閥の会長として政権に影響力を行使したいと考えており、それには「岸田首相」がうってつけである。