Photo by gettyimages

靖国神社、激震おさまらぬ「内紛状態」の全内幕

失言、セクハラ、告発本…

財源確保と綱紀の乱れ

皇室との縁の深い靖国神社が揺れ続けている。

昨年10月、天皇を批判する音声テープの存在が公にされ、神社トップの宮司が退任したかと思うと、今年の夏にはセクハラ映像まで飛び出した。由緒あるこの神社で、いったい何が起こっているのか。神社関係者が語る。

「ここ数年、上層部は神社離れのなか逼迫しつつある財源の確保に目の色を変えており、突飛なことを言い出す傾向がありました。その一方、女性問題など綱紀の乱れも深刻な状況でした。つまり、カネと色──これに蝕まれてしまっているのが、いまの靖国神社なのです」

Photo by gettyimages

靖国神社は1869年(明治2年)、戊辰戦争で幕府軍らと戦った明治政府側の戦没者を弔うために創建された。当初は東京招魂社との名称で、祭祀に当たって天皇により勅使が遣わされる勅祭社である。現在も春秋二度の大祭に勅使が遣わされているのは、こうした歴史があるためだ。

その後、1871年(明治4年)に「官社以下定額・神官職制等規則」が制定され、天皇・皇族を祀る皇室に縁のある神社などが官幣社(国が幣物や奉納金を供する神社)に指定されると、同社の位置付けは国家のために亡くなった武将・志士・兵士などを祭神として祀るための「別格官幣社」となり、国内外の事変・戦争の戦没者も祀るようになった。

そして、1879年(明治12年)、明治天皇の命名により「靖国神社」と改称され、国家神道の代表的な施設となったのである。

 

だが、敗戦により状況は一変。連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の指令で神社の国家管理が廃止され、官弊社や特別官弊社の制度がなくなると、靖国神社は勅祭社でありながら民間の一宗教法人として再スタートすることになった。合祀(すでに祀られている戦没者らと一緒に祀られること)の手続きでは厚生省(現厚生労働省)がかかわるものの、その判断は独自で行うようになったのだ。

合祀をめぐっていまなおくすぶる問題は、ここに端を発したとされている。