Photo by iStock

夫婦の認知症は「うつる」と言われる…その深すぎる理由

愛だけでは耐えられなくなる

怒鳴る、暴れる、治る見込みはない

「『誰だ、お前は。なんで俺の家にいるんだ。出ていけ!』、毎日のようにそう主人から怒鳴られました。『私はあなたの妻です』と必死に訴えても、逆上するばかり。ひどいときは体を押さえつけられて、何度も殴られました。体中が痣だらけになっても、じっと耐え続けてきたんです。

どんなに認知症が悪化しても、すんでのところで元気だったころの主人の笑顔が脳裏をよぎる。そのたびになんとか踏みとどまってきました」

そう語るのは、加藤美幸さん(仮名、78歳)。3年前に夫の清さん(78歳)が認知症になってから、懸命に自宅で介護を続けてきた。

Photo by iStock

何十年も連れ添った夫婦には、ふたりにしかわからない情や絆がある。それは、簡単に失われるようなものではない。だが、いつ終わるとも知れない介護生活を続けるうちに、愛だけでは耐えられなくなる瞬間が訪れる。

加藤さん夫妻は高校時代の同級生で、幼馴染み。学生時代からの恋を実らせて結婚し、ふたりの子宝にも恵まれた。子供たちが自立してからは夫婦水入らずの旅行も毎年欠かさず、近所ではおしどり夫婦と羨ましがられてさえいた。

 

だから夫の清さんが認知症と診断されても、美幸さんは病を憎みこそすれ、夫への愛情はずっと続く、そう当たり前のように信じていた。

「主人の症状は日に日に悪化して、暴力や暴言もエスカレートしました。夜中、急に目を覚まして、鬼のような形相で『なんだお前は! 家のカネを盗みに来たんだろう!』と私の首を絞めるんです。主人は年齢の割に体格がよく、体重も70kg以上あった。暴れだすと手が付けられません。

私が日を追うごとにやつれていくのを見かねて、離れて暮らす長男は『父さんを施設に入れよう。取り返しのつかないことが起きてからじゃ遅い。おカネの用意も、施設探しも俺がやるから』と言ってくれました。でも、主人を見捨てることはできない。最後まで自分が面倒を見るという気持ちは変わりませんでした」