〔PHOTO〕iStock

マスコミの「両論併記」が、世間に与える「意外な悪影響」

「バランスを取ろう…」の落とし穴

日本のメディア報道は「両論併記」を意識してオピニオン欄などを構成することが多い。一見、バランスを取るための良識的な行為なようだが、それが世間に意外な悪影響を与えるケースも少なくない。『善意という暴力』(幻冬舎新書)を上梓した政治社会学者の堀内進之介氏が解説する。

 

両論併記は「偽りの天秤」かもしれない

ローマ神話において正義を司る女神ユスティティア(Justitia)は、しばしば目隠しをし、剣と天秤を携えた姿で表現される。剣は力を、天秤は公正さを表し、目隠しにはいかなる属性も考慮せずに平等に扱うという意味がある。後の時代に編纂された旧約聖書の箴言にも、「偽りの天秤を主はいとい、十全なおもり石を喜ばれる」という一節がある。「偽りの天秤」は、物事の軽重を不当に扱うことの謂いだ。

〔PHOTO〕iStock

バランスのとれた天秤は、古来より公正さを表し、それゆえに裁判や司法のシンボルとなったが、メディア報道においてもバランスや公正さは欠くことのできない美徳だ。メディア報道のあるべき姿は、女神ユスティティアのそれに似ている。公正を旨とし、理に適った意見を分け隔てなく平等に扱い、そうすることで賢明な判断を促す大きな力を発揮するからだ。

しかし、目下のメディア報道の姿は、あるべき姿とは大きく異なることが度々あるように思う。その姿はまるで「偽りの天秤」を持ち、根拠なき批判や意見を盲目的に取り上げ、そうすることで、憂慮すべき事案から多くの視聴者を遠ざける力を発揮しているかのようである。実際、メディア報道に関する多くの調査研究は、メディア報道が有害な影響をもたらす場合があることを指摘している。

それによれば、メディア報道が有害な影響を与える原因の一つは、「両論併記」という形式が多用されることある。そこで、以下では「両論併記」の悪影響と、それが多用される要因について考えてみたい。

気候変動の「懐疑論」を取り上げるべきか

気候変動やワクチン接種をはじめ、多くの事案については、その事案の深刻さを指摘する「警告者」と、それを過剰反応と見なす「懐疑論者」の対立がある。そのような対立では、警告者が提起する(1)問題となる傾向、(2)原因、(3)リスク、そして(4)対処法について、そのどれか、あるいはすべてが懐疑論者の批判の的になる。

たとえば、気候変動においては、(1)地球温暖化が産業革命以降に顕著であること、(2)CO2などの温室効果ガスが主要因であること、(3)地球温暖化が人類を含む生態系にとって深刻な影響を及ぼすこと、(4)深刻な影響を避けるには温室効果ガス排出量の削減が必須なこと、これらが「懐疑論者」の批判の的になっている。