2019.10.22
# その他

メガヒットしそうな「新書のタイトル」を、本気で考えてみた

こんな現代新書を読みたい!(前編)
現代新書編集部 プロフィール

ニッシー:感想から言うと、香港関係のものが結構あって、やっぱり今注目されているんだなぁ、と思いました。『ゴジラの戦後史』は怪獣映画とか特撮の脚本からなにか見えてくるとすごく面白いな。

 

一方で、『腕時計の世界史』というオタクっぽいのも掘ってみると深そうな気がしました。『忌み地』とか、『多文化地帯川崎をゆく』とか、『戦後開拓 棄てられた移民史』みたいにルポルタージュ的なものを読みたいという要望も結構あるのかなという感じもしましたね。

ヨネ:「オタク注目派」だ!

ニッシー:スポーツものってあんまり現代新書にないけど、『オリンピックの文化史』『Jリーグ25年史』みたいなタイトルならありかなという気がしました。

中公っぽい、岩波っぽい

ヨネ:ここで少し、各新書シリーズの違いについて話してみましょう。ハジメ編集長はどうですか?

ハジメ:そうだなぁ。例えば『米騒動』ってすごくいいタイトルだけど、超ストレートすぎて中公新書さんっぽいよね。

ジュン:中公新書は人の名前でも言い切りができる。すごく強い名詞タイトルが次々と出てきますよね。

ヨネ:今回私たちのもとに寄せられた応募タイトルの中でも、『栄西』は中公新書っぽい。かたや、『エウリピデス』はなんとなく岩波新書っぽい気がします。

ハジメ:現代新書で出すなら『米騒動』ではなく、『××な米騒動』とする気がするよね。

ヨネ:ふしぎな米騒動、ゆかいな米騒動、はじめての米騒動……。

ハジメ:それは違うだろ!

マサ:その意味では、『すてきなジャイナ教』は現代新書っぽいですね。逆に世界史ならば、『フス戦争』みたいに、現代新書でも名詞だけでいけそうな気がします。

ヨネ:応募タイトル全体を見渡すと、修飾語のないストレートなタイトルが意外と多くて、読者は現代新書にもストレートなタイトルを期待しているのかもしれないという気がしました。

マル:でも、現代新書は修飾語がつきがち。編集長! それはなぜだと思いますか?

ハジメ:うぅ、とても難しい質問だけど、それは……歴代の先輩編集者たちが築き上げた伝統が「現代新書らしさ」なのさ、と答えておこう。

編集長は日々悩んでいる

チャレンジ企画も大歓迎

ヨネ:私はこれまで読んだことのない、チャレンジングな企画を中心に推してみます。『ウィキペディア』とか『コンビニエンスストアの歴史』が気になりました。新書にするならどういう本になるんだろうっていう、ただならぬ雰囲気があります。

マル:コンビニは地方それぞれのチェーン店もあるし、面白いかもね。

関連記事