2019.10.13
# エンタメ # ラノベ

現役のラノベ作家が、現在の「なろう系ブーム」を考えてみた

高木敦史の迷走物語(3)
高木 敦史 プロフィール

ネット小説といえば、かつて「ケータイ小説」などが一世を風靡したことがありましたが、どちらかというと広い世界に向けてというよりも作り手と受け手による限られた範囲の世界での濃密なコミュニケーションの構築、という側面が強かったように思います。ライトノベルだって、コアなファンに支えられて形作られてきた「閉じた世界」のものであったように感じます

ところが今では「小説家になろう」を筆頭に、出版社主導で運営される小説投稿サイトも多数存在しております。様々なカテゴリに分けられて投稿された膨大な数の小説がいつでも読めて、ランキング形式で人気作がすぐにも分かり、SNSのように感想やコメントのやりとりが闊達に行われています。

「なろう系」小説、再大手プラットフォームのひとつ「小説家になろう」のwebサイト

ここ数年のライトノベルでは、そういった投稿サイトで人気を博した小説が出版社の目にとまり書籍化され「なろう小説」なんて呼称で親しまれています。サイトへ投稿することでネット公開と出版社の新人賞への応募が平行して出来るケースもあります。

この現実から翻ってみると、前回触れた私のデビュー作の「ネット全文無料公開」がさほど有益ではなかった理由も見えてきます。あのときも一応コメント機能があったはずですし、志としては現状に通じるものであったと思います。

 

しかしコメント機能なんてネタバレ厳禁のミステリには不適だし、既に読者の大勢いる有名作家の新作であるとか、みんなの集うフォーラムであるとか、そういう「土台」が全く整っていなかった。土台がなければ家は建ちません。オオカミが登場せずとも勝手に吹き飛ぶ藁の家に等しいでしょう。

ところでこの全文公開の件、デビュー前に吹っ飛んだっきり今回の連載を書くまですっかり忘れていたのですが、よくよく考えれば私はかなり当初から「ネット小説家」であったと言えるのではないかと気づきました。(言えるかな、言えるような、言えないこともないといっても過言ではないかもしれない……くらいかもな)

なんにせよ現実はいつも想像を軽々しく超えていくものです

編集者がいないと迷走する

ひとまず「言える」と開き直って続けると、「なろう小説」は時として「ジャンルが偏っている」だとか「似たような話ばかり」だとか、「それは人気のエッセンスに準拠してないと読まれないから構造上やむを得ないことだ」とか、果ては「誰でも投稿できるせいで全体のレベルが下がった」だとか、揶揄の対象にされることもあります。

自分はそういったサイトに小説を投稿した経験がないので詳しい批評は避けますが、個人的には面白い状況だと思っています。類似を感じるのは20世紀末の音楽業界に存在した「インディーズバンドが人気を博してメジャーに進出する潮流が生まれた結果、インディーズバンドがみんな似たようなジャンルになってしまった」という一連の流れです。

自分が音楽を貪り聞いていた90年代後半は「青春パンクとビジュアル系ばっかじゃねえか」と辟易したこともありましたが、振り返ってみればどこからどう出てこようがカッコいいバンドはカッコいいし、残った人たちもたくさんいます。今もそういう流れから出てくる新しい人はたくさんいます。ボカロブームなんかも同様ですね。

新しいやり方が発見されて、そこに人が集まって、人がたくさんいるところから更に新しいものが生まれてくる——というのは健全なことです。あとはなんというのでしょうか――そう、小説投稿サイトは混沌としているのです

関連記事