2019.10.13
# 立ち読み

体験ギフトで感動を! 「STAR分析」が明かすビジネスの秘訣

「ソウ・エクスペリエンス」の戦略とは
前野 隆司 プロフィール

感動を“売る”ためには?

いかがでしょうか。体験談を読むだけでも、さまざまなストーリーがあり、1つとして同じものはありません。まさに感動の宝庫です。モノが満ち溢れた時代だからこそ、人々は、心動かされる「ストーリー」と「体験」を求めるのです。

 

そして何より、私が心を動かされたのは、西村さんの発想と行動力、そしてリーダーとしての「あり方」です。「体験」という、新しくてユニークなものを売る会社だけあり、会社自体も大変ユニークな組織なのです。

どうユニークかといいますと、ダイバーシティ&インクルージョンが自然なかたちで実践されている。さまざまな事情を抱える社員を、ありのまま引き受けているのです。

たとえば、子連れ出勤OKのオフィス。お父さんやお母さんが仕事をする横で、小さな子供たちが遊んだり、食事をしたり、眠ったりしています。また、社会的マイノリティである人を受け入れることにも積極的です。

社員それぞれの「できない」部分を、「できる」社員が補う。これが至極自然に行われているのです。

ソウ・エクスペリエンスのオフィス

こうして、社員一人ひとりに寄り添い、小さな感動を大切にしているからこそ、世の中に多くの感動を提供できるのではないでしょうか。感動が感動を内包する、いわば「STARマトリョーシカ」の入れ子構造も見られました。

リーダーとしての西村さんのあり方、会社としてのあり方、そしてビジネスモデル、商品を購入した人、贈られた人、そのすべてにおいてSTARの要素が含まれているのです。

感動とは、心が動く状態。やはり、本物に心が動くのだと思います。人のあり方、会社のあり方、ビジネスモデルのあり方、そしてそれを体験した顧客のあり方。STARマトリョーシカは素敵な人のところに現れるのだと、ソウ・エクスペリエンスの事例からも教えていただきました。

(『感動のメカニズム』第5章2節より抜粋)

関連記事