母親がリウマチに苦しんでいたのを3歳から側で見てきたフリー編集者の小西恵美子さん。自身も24歳のときにリウマチを発症し、治るはずがないと「太く短く生きる」と決め、身体に鞭うつように寝ないで仕事をしてきた。そのためにも、痛み止めをはじめとする様々な薬なしには生きられずにいた。

病の治療法は治療師や患者の特徴によって効果も変わることもあり、一概に「この治療法がいい」と言い切れない。だからこそ、小西さんはインターネットが普及していない時代から、知人友人から集まる膨大な情報をもとに、とにかく様々な治療法に足を運んだり話を聞いたりしたという。

まずは薬に薬が重なる「薬漬け生活」に疑問を抱くようになり、病院で西洋医学を受診しながら並行して探すようになったのが東洋医学だった。最初に受けた股関節矯正の先生に出会い、薬をやめる努力をしながら治療を続けた。鍼灸やツボナージュ、汚血の吸引治療にも通い、血液検査で病院の主治医が驚くような良い結果が出た。

リウマチを発症して30年以上経った今は一番体調がいいのだという。小西さんが東洋医学から学んだのは、「人間本来の健康とは、治癒力とは何か」ということだった。

今回は、健康に必要な自分の身体の栄養素について、断食の場での出会いから教わったことをお伝えしていく。

小西さんの今までの連載はこちら

身体の掃除のため断食に行く

鍼灸やツボナージュなど東洋医学で治療していくと、自然治癒力をあげることがいかに大切かわかってきた。

ニンジンりんごジュースを主として飲み、断食し、自然治癒力をあげ、健康を増進するサナトリウムが伊豆高原にあるから、身体を掃除してきたらと友人に紹介された。

I先生が作り、診察もする。先生は西洋医学出身だが、東洋医学を中心に治療している。サナトリウムの近くには大室山や一碧湖とちょうどいい散歩コースがある。温泉もある。非日常に身を置き、自然のなかで心身ともにリフレッシュできるのもいいと思った。

Photo by iStock

ジュースは朝昼晩にコップ3杯ずつ、1日に9杯を飲む。その間に具のない味噌汁と生姜湯や生姜紅茶を飲む。黒糖は使っていい。食堂にはすりおろした生姜とレモン、梅干が用意されている。ジュースにレモンをたっぷり絞ると3杯でもすぐに飲んでしまう。ニンジンはこんなにも甘かったのかと思わずにはいられない。味噌汁にすりおろした生姜を入れるのも癖になる味だ。部屋や温泉には塩も用意されていた。固形物を摂らずに断食して、老廃物を排泄し、自然治癒力を増進させる。温泉で身体を十分に温める。

2、3日すると吐く息が臭くなる。舌に苔が現れ、濃い尿が出る。お腹もゆるくなり、身体に溜め込んでいた老廃物を一気に体外に出す。私は6日間滞在したが、帰る頃には舌の表面がつるつるになり、肌も潤いが戻った気がした。固形物を食べていないのに元気になっていた。

東洋医学では発疹や炎症は老廃物を出して血液を浄化する反応とする。好転反応と言っている。血液を汚すことが万病の元であるから、血液を汚す原因を取り除く必要がある。食べ過ぎない。運動をする。ストレスを溜めない。老廃物を体外に出す。身体の冷えをなくす。水分をとりすぎない。汚血と水毒に注意することが体質改善につながるとしている。

断食で身体をきれいにし、体内の循環を改善したかった。