関西電力の深刻すぎる闇…検察が動かざるを得ない「これだけのワケ」

問われる電力会社の「在り方と体質」
伊藤 博敏 プロフィール

電力会社はカネを「撒く人」で、「原発フィクサー」の森山氏は、その窓口が本来の役割で、森山氏のような存在は、全国の原発や関連施設に存在する。

ただ、森山氏が変わっていたのは、共犯という身分に満足せず、関電幹部にカネを握らせて、自らのポジションをより確かなものにしようとしたことだろう。

 

現金供与は、サラリーマン役員たちにとっては危険なことで、望まざるものだったのかも知れないが、金品授受という事実は残り、森本氏は誰にいついくら渡したかという詳細なメモを残している。

「カネまみれ原発の粛正」は、かねて検察のテーマだったが、着手する機会がなかった。検察は、国会を巻き込む国民注視となった案件を黙って見過ごすハズはないし、見過ごしてはならないのである。