〔PHOTO〕gettyimages

関西電力の深刻すぎる闇…検察が動かざるを得ない「これだけのワケ」

問われる電力会社の「在り方と体質」

問題は「会社の体質」なのか

関西電力社内調査委員会委員長の小林敬弁護士が、報告書の「所感」で述べた最後の結論は、驚きを禁じ得ないものだった。

<結局、本件の本質は、個人の問題ではなく事なかれ主義というべき会社の体質の問題にほかならず、この改善と対策が焦眉であることが銘記されるべきである>

 

関電幹部20名が受け取ったのは約3億2000万円で、うち2人は1億円超である。「押し付けられ、恫喝されたから受け取った」というのだが、渡した森山栄治元高浜町助役が亡くなっているので、その状況は確認できないし、なにより受け取ってしまい、返却してなかったのであれば、全員、森山氏の取り込み工作に乗ったことになる。

公務員であれば、数十万円でも収賄罪に問われる。直近では、150万円相当の飲食接待を受け、収賄罪で起訴された文部科学省官僚が、有罪判決を受けた。

いかに民間とはいえ電力会社は、長年、電気を発送電一体で扱ってきた半国家的企業。1億円超を受け取った以上、罪を問われてしかるべきだろう。会社法上の特別背任罪、もしくは収賄罪の適用が考えられる。

しかし、小林氏は、「会社の体質」だとして個人を免責した。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら