「繰り返し使えるロケット」で宇宙旅行へ!大型「産学連携」実現まで

科学者が立ち上げたベンチャー企業とは
ライト兄弟が世界初の有人飛行を成功させたのが1903年。それから100年以上が過ぎ、毎日数百万人が飛行機に乗って世界中を旅している。そして今、人類は、自由な旅の領域を宇宙にまで広げようとしている。

東京理科大学の米本浩一教授が参画する大学発宇宙ベンチャー企業「SPACE WALKER」も、宇宙旅行に魅せられた企業の一つである。大学で培った技術を商業化する「産学連携」の仕組みとはどのようなものなのだろうか?

同社で取締役CTOを勤める米本教授と代表取締役CEOを務める眞鍋顕秀さんの特別対談付きで配信します!

〈元となった記事はこちら(前編)(後編)〉

作りたいのは「繰り返し使える」ロケット

「ここ数年、スペースXやヴァージン・ギャラクティックといった企業の技術開発が進み、民間宇宙旅行が現実味を帯びてきました。

私は、1980年代から、飛行機のような感覚で宇宙を往復できる宇宙船・『スペースプレーン』の研究開発に携わってきました。これは人を乗せて宇宙に行き、帰ってくることを目的とした宇宙船で、世界中の研究者・技術者がその実現を目指して技術開発に取り組んできました。

宇宙ビジネスが注目される今、有人型スペースプレーンがついに実現されようとしています。私は、産学共同でメイド・イン・ジャパンのスペースプレーンを実現するための開発を行っています」

 

そう語るのは、東京理科大学理工学部機械工学科の米本浩一教授。これまで、宇宙科学研究所(現JAXA)の有翼飛翔体「HIMES」や、航空宇宙技術研究所と宇宙開発事業団(いずれも現JAXA)が主導した宇宙往還技術試験機「HOPE-X」など、数々の国家的宇宙プロジェクトに携わってきたこの分野のエキスパートだ。

東京理科大学 理工学部 機械工学科 米本 浩一教授
拡大画像表示

米本教授が手がけるスペースプレーンとは、「有翼ロケット」を指す。垂直に打ち上げるペンシル型の使い捨てロケットと違い、飛行機のような翼があり、自由自在に飛行を制御できるのだという。

「有翼ロケットとは、翼の揚力を使って飛行を制御し、再び着陸する──つまり、再使用できる宇宙船です。

飛行機の耐用年数は20~30年といわれていて、2万回程度の飛行が可能です。一方、現状の宇宙ロケットは、使い捨てが基本。そのため、H-IIA、Bロケットでも100億円以上の莫大な打ち上げ費用がかかります。その点、有翼ロケットは再使用できるので、一度の打ち上げにかかるコストを抑えることができるのです」

「産学連携」で夢の実現へ

米本教授は、本来の専門は空気力学と誘導制御であるが、エンジン、機体構造、機械や電気・電子システムなどを統合するシステム技術に携わっている。

HIMESやHOPE-Xの開発に参画した1980年代から、民間や防衛省向け航空機の開発経験をもとに、翼のあるロケットにこだわってきた。

ペンシル型ロケットと違い、有翼ロケットは制御の難易度も上がる。しかし、これを克服し、何としても「翼があることの優位性」を世界に示したいと考えている。