# IPO # 米国

WeWork炎上、ソフトバンク「新ファンド」へ飛び火のワケ

IPO銘柄にもう資金は集まらないのか?

「ユニコーン企業」投資はもう終わり…?

米国IPO市場に秋風が吹き始めた。4月に掲載したコラム「どんな企業に投資すれば成功物語となるのか?大型のユニコーン上場企業とIPO需要」において、筆者は「次の不況がやってくる前の駆け込みなのか、それとも単なる偶然なのか、今年は多くのユニコーンが上場することになる。IPO銘柄はとかくお祭り騒ぎになりやすい。話題性や知名度だけに踊らされないような投資をしたい」と指摘した。

上場が予定されていたユニコーン企業の躓きによって米国のIPO市場が揺らいでいる。

〔photo〕gettyimages

まずは、4月の記事を簡単におさらいしよう。

・2019年はリフト(ティッカー:LYFT)、ウーバー・テクノロジーズ(ティッカー:UBER)、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ティッカー:ZM)、スラック・テクノロジーズ(ティッカー:WORK)等、ユニコーン企業が数多く上場、IPO市場への注目度は高い

・知名度や話題性から一時的な盛り上がりを見せた企業が、市場からの厳しい洗礼を受けている。それに対し、上場時にそれほど話題にはならなかったものの、業績や業容のしっかりした企業は高いパフォーマンスを上げており、セカンダリーにおける強弱が明らか

・世界的な金余りを背景に、潤沢な資金がベンチャーキャピタルなどの投資家に集まっており、ベンチャー企業への投資が加速。結果として非上場にも関わらず、評価額が10億ドルを超えるようなユニコーンと呼ばれる企業が数多く誕生

・今日、ユニコーンへの投資はかつてのようなリターンを生むものにはならなくなっている。すでに現在のユニコーンのバリュエーションには将来価値が組み込まれている

 

ハイテク企業をはじめとするスタートアップ企業を投資先として見る場合、その魅力のひとつは成長性の高さである。

企業側も高い成長を追求しており、利益度外視で市場シェアを獲得してトップライン(売上高)を伸ばす、ある意味「イケイケドンドン」の風潮がある。そうした急成長企業がこれまでの強い米国経済の原動力でもあり、10年以上に及ぶ株式市場の上昇をけん引してきたことは間違いない。

多くのスタートアップが、夢の技術や事業を語り、投資家からの資金を集め、第2のグーグルやアップル、アマゾンを目指し事業を拡大してきた。しかし、もしかするとこうしたやり方が踊り場を迎えているのかもしれない。