見知らぬ「友人」から背中を押されて韓国へ

沼に落ちたきっかけは、今年の春~初夏にかけて日本で公開されていた韓国映画『神と共に』だ。

事故で死んだ主人公が、地獄の死者3人とともに地獄の裁判を乗り越えていくというファンタジーものなのだが、「ハリウッドに負けねーぞ」という気概を感じる最新鋭のVFXと、二転三転四転しまくるシナリオを力技で盛り込んだエンタメ大作だ。

韓国では2017年に公開されて、PG指定ながら動員数1400万人以上という大ヒットを記録した。

(『神と共に』公式HPより)

そのなかで地獄の使者の一人、ヘウォンメクを演じていたのが、チュ・ジフンだ。これまでも韓国映画はよく観ていたし、出演キャストがかっこいい! と色めくこともあったけれど、こんなにも一人の人間に心奪われ続ける鑑賞は初めてだった。友達を連れて行くという名目や、応援上映だから別腹という名目で、何度も劇場に通うことになった。

当初は、映画を観て、彼の過去作も観て、過去のインタビューやファッション誌での写真や、ファンアートや考察ツイートなどをあさって満足していたのだが……夏にチュ・ジフンが6年ぶりのファンミーティングを行うというニュースが飛び込んできた。俳優にもそういうのってあるんだ! と驚いた。

開催予定地は、ソウル・香港・台湾・バンコクなどで、東京はなし。韓国には今年に入ってからすでに2回も行ってるし、チケットサイトは韓国語で自分ではとれないし、チケットを代わりにとってくれる「代行業者」が半ばオフィシャルに存在しているらしいけれど、それを通じて頼むのも不安がある。

だいたい、イベント内容自体韓国語か、通訳が入るにしても現地語なのでは? 内容を理解できない可能性の高いものに、チケット代+旅費を払うのはちょっとな……

仕事も忙しいタイミングだったし、正直見送ろうかと諦めていたのだけど、そこで舞い込んできたのは、チュ・ジフンファンの見知らぬアカウントたちからのDMだった。

はじめまして。ジフニ(チュ・ジフンの愛称)のファンを長年やっています。ファンミですが、噂によると同時通訳もあるらしいですよ。私も行く予定ですし、ひらりささんのように最近興味を持った方の感想をぜひ聞きたいです!

すごい、全然知らない人たちが、めちゃくちゃ親切にしてくれる……。これまではある程度知見を持った界隈でオタク活動をしており、情報交換するにしても見知った人達同士としていたので、DMという形で「布教」を受けるのがとても新鮮だった。