〔photo〕gettyimages

スポーツスター選手、年収「億超え」でも「自己破産」する意外なワケ

入った以上にお金が出る事情

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。世界的にも有名なアスリートが何億円もの浪費をして破産するという話はよく聞く話です。

ボクシングのマイク・タイソン、元ウィンブルドン王者のボリス・ベッカー、米プロフットボール(NFL)のビンス・ヤング、MLBのジャック・クラーク、米プロバスケットボール(NBA)のアントワン・ウォーカー、といったビッグネームらも自己破産をした元スポーツスター達です。

〔photo〕gettyimages

日本でもプロ野球選手の新庄剛志選手が現役時代の最高年収は13億円で、稼いだお金の総額は50億円だとインタビューで答えていました。当時はビルだって車だって何でも買えると思っていたそうです。しかし、知人にだまされて25億円が2200万円になっていたと言います。知人がお金を使い込んでいたのです。

なぜ、アスリート達は生涯年収として数十億、数百億も稼いでいるのにその収入以上に使ってしまい、自己破産をしてしまうのでしょうか?

 

入った以上にお金が出る法則とは

「金は入っただけ出る」というパーキンソンの法則があります。

家計支出は収入に応じて増えるばかりでなく、収入を超える傾向があり、ほとんど常にそうなるという考え方です。自由なお金が増えれば、それに応じて自由気ままに使ってしまい、収入以上に使い過ぎてしまう傾向があるとも言えます。

来年の契約金が5億円など決まっていれば、それを見越して使ってしまいがちですし、周りも寄ってたかるので大金もあぶく銭と化してしまうのです。使えば使うほど、浪費をするペースは加速され、一夜のパーティーだけでも数千万円のお金がなくなることはあるからです。