ホリエモン擁立、議員辞職…N国立花「政治ハッキング」のヤバい目的

自走を始める「反・既得権コミュニティ」
真鍋 厚 プロフィール

立花氏が「消えた」ときこそが…

冒頭でも触れた8日の会見で、立花氏は参議院埼玉県補欠選挙への出馬を表明した。なお立花氏の議員辞職に伴って、先の参院選でN国党から出馬し比例2位となった浜田聡氏が繰り上げ当選となる。これはいわば、立花氏の人気を利用して議席を獲得する「選挙制度のハッキング」ともいうべき戦略の実行だ。

今後、仮に堀江氏もN国党から選挙に立候補する場合、どのような事態が想定されるのか。

立花氏は10月1日の堀江氏との対談動画で、「比例区で出馬して当選した際には、次点の候補者に議席を譲ればいい」と述べている。これは、選挙の宣伝効果を最大化する〝旗振り役〟と、実務を司る政治家とを切り分ける「政治と選挙の分離」である。

立花氏や堀江氏、あるいは前述した三崎氏のような著名人が出馬し、当選したら知名度の低い候補者へ議席を譲る――この選挙制度の穴を突いた「ハッキング」を、N国党はこれから本格的に仕掛けてゆくつもりなのかもしれない。

現在、世間の注目は炎上を繰り返す立花氏の言動に集中している。しかし、立花氏が表舞台で活動しているうちは恐らく「序章」に過ぎない。「NHKのスクランブル化」に向けた長期戦を意識している立花氏は、最終的には「自分がいなくても回るシステム」を作ろうとしているように思われる。持続可能な「既得権益をぶっ壊す」コミュニティである。

つまり、N国党から立花氏の姿が見えなくなったときこそ、本格的な狼煙が上がると見るべきなのだろう。