10月15日 中国が有人宇宙船の打ち上げに成功(2003年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

この日、中国の有人宇宙船「神舟5号」が、同国北西部の甘粛(かんしゅく)省にある酒泉(しゅせん)衛星発射センターから打ち上げられました。

神舟5号は地表から約350キロメートル上空の地球周回軌道を14周したのち、内モンゴル自治区内の草原地帯に着地し、搭乗した中国空軍の楊利偉(ヤン・リィウェイ)も無事に帰還を果たしています。

【写真】
  訓練中の楊利偉飛行士 photo by gettyimages

有人宇宙飛行の実現は、ソビエト、アメリカに次いで3番目のことでした。その後も「神舟6号」から「11号」まで、すべての有人宇宙飛行を成功させた中国は、有人月面探査を目指した計画を着実に進めています。近い将来、月に人類が再び立つ日がやってくるのかもしれません。

 オススメ関連書籍はこちら 

世界はなぜ月をめざすのか
月面に立つための知識と戦略

ほとんどの日本人は、いま「世界の多くの国々が月をめざしている」ことを知らない! 水面下で始まっている、アメリカ、中国、ロシアを中心とした月の探査・開発をめぐる激しい競争を、実際に月探査プロジェクトに携わる第一人者が語ります。

amazonはこちら