〔photo〕gettyimages
# 米国経済

米国「雇用統計」が「思ったより悪くない」は本当か…その意外な真実

「誰が見ても悪い」頃には手遅れ

米国の雇用統計「思ったより悪くなかった」…?

10月第1週は米ISM製造業景気指数ならびに非製造業景気指数、9月ADP雇用統計など、市場予想を割り込む米国の重要な経済指標が相次いだ。そして4日にはその仕上げとも言える米9月雇用統計が発表された。

 

既報の通り、「思ったほど悪くなかった」という受け止めが大勢であり、結果を受けた金融市場ではリスク許容度が改善、米金利やドルは上昇し、円安が進んだ。

しかし、「思ったほど悪くなかった」は結局のところ「悪い」のであり、基調をしっかり見極めるようにすべきであろう。

〔photo〕gettyimages

9月の非農業部門雇用者数(NFP)変化は、前月比+13.6万人と市場予想の中心(同+14.5万人)を割り込んでいる。「思ったほど悪くなかった」との受け止めとは裏腹に、市場予想には届いていなかった

また、平均時給も前年比+2.9%と市場予想の中心(同+3.2%)を▲0.3%ポイントも下回り、過去1年で最も低い伸びにとどまった(▲0.3%ポイントは2017年8月以来の大きな失速幅となる)。

失業率が3.5%と50年ぶりの水準にまで低下したことが好感されているが、そこまで雇用市場の需給が逼迫しているのに賃金の騰勢が衰え始めていることを憂慮すべきだろう。