Photo by iStock

もはや高級魚? サンマ高騰の原因は「日本と中国の争奪戦」だった

世界のサンマの約半数が中国へ

「サンマはもはや高級魚」――。今年も旬の10月を迎えたサンマだが、不漁によりここ数年は価格が高騰しており、手軽に食べられる大衆魚だったころとは様変わりしてしまった。

資源量自体がそもそも減少している中、台湾や中国の漁獲量の増加が、日本の食卓からさらにサンマを遠ざけているのだ。

 

脂が乗る前に一網打尽

サンマの価格が高騰している原因の一つは、中国や台湾の漁船が、日本近海に回遊してくる前のサンマを公海で漁獲してしまうことにある。

サンマの有力漁獲地である北海道の漁業関係者はこう嘆く。

「昔は日本のライバルはいませんでしたから、公海で操業する必要もなく、排他的経済水域(EEZ)の中にサンマが泳いで来るのを待って漁をしていました。やっぱり冷凍してしまうと味が落ちますから、今でも公海でいっぱいエサを食べて脂が乗ったサンマを、EEZ近くで獲って氷蔵して港に持ち帰る日帰り漁のスタイルが一般的で、漁船も中小型がメインです。

対して、中国や台湾の船はハナから冷蔵するつもりで、大型船で乗り付けて大量に獲っていくスタイル。脂が乗る前に一網打尽にされてしまうので、こちらとしてはたまったものではありません。日本が7月ごろから漁を始めるのに対し、彼らは通年でガンガン獲ってくるのも悩みの種でした。

業を煮やした水産庁は、今年は操業開始を5月に早めましたが、漁船が小さく、舌の肥えた日本人は鮮度を重視するため、どこまで売り伸ばしの効果があるのかについては疑問が残ります。まだサイズの小さいサンマを根こそぎ獲ってしまうことになり、絶滅させてしまわないかという懸念も上がっています」

さらに、日本近海で中国の違法漁船も活発に操業していることが、日本の漁獲量減につながっている。水産庁によると、複数の漁船が同じ船名を表示しているものや、船名部分が塗りつぶされている船が確認されている。同庁関係者はこう解説する。

「中国の違法漁船によるサンマ漁獲量は5万トンとも言われ、サンマの資源管理を協議する北太平洋漁業委員会(NPFC)に申告している分と合わせると、15万トンと日本を抜いて2位になります。中国の漁船が日本のEEZのすぐ外で本格的に操業し始めたのは2015年くらいからですが、初めは放置していた中国共産党当局も、違法操業のあまりの拡大ぶりにかえって手を焼いているようです。

前回のNPFC年次会合のメイントピックの一つは『違法漁業の取締り』でしたが、これは事実上の中国対策です」