Photo by iStock

たった1回転んだだけで「死亡」…高齢者転倒のヤバすぎる実態

転んで3ヵ月であの世に…

たった一回、転ぶだけでそれまでの人生すべてが崩れ落ち、悲惨な死を迎える。人はなぜ年齢を重ねるほどに転びやすくなるのか。これが転倒の正体だ。

1 転倒→歩けなくなる→食べられなくなる→衰弱→死

あんなに元気だった人が、転んで3ヵ月であの世に10人のケース

「本当に、あの一瞬ですべてが奪われてしまいました。それまで大きな病気をしたこともない主人が、転んだことで衰弱して死んでしまったんです。

しかも、それは外出中の事故なんかじゃなかった。主人は何十年も寝起きしていた、いつもの寝室で転んだのです」

この8月、夫の安田康介さん(享年78、仮名)を喪った妻・芳江さん(77歳)はこう語る。

悲劇は突然訪れた。今年5月の朝8時、畳敷きの寝室で目を覚ました安田夫妻。康介さんは布団から起き出し、タンスから洋服を取り出し着替えを済ませた。

そして朝食を食べるために隣のリビングに移動しようとしたその瞬間。布団のわきに脱ぎ捨てていた自分のパジャマに左足をひっかけ、転倒してしまった。

「主人は足をねじらせ、折れ曲がるように仰向けに倒れました。倒れた瞬間に腰を畳に打ちつけたようで、転倒直後からしきりに腰をさすっていました。

よほど痛かったのか、仰向けで5分以上動きません。その痛がり方が尋常ではなかったので、すぐにタクシーを呼んで近くの整形外科へ。腰椎圧迫骨折と診断されました。

いきなり歩けなくなってしまったことで、本人も戸惑っていました。主人は普段から外出中は道路の縁石などで転ばないようにとても気をつけていました。それがパジャマ一着、たった布切れ一枚で転んでしまったんですから。

さらに、リハビリを始めようにも腰の痛みが引かない。そのまま折れた腰椎が変形してしまって病状が悪化。1ヵ月後には脊柱管狭窄症まで併発し、まるで歩けない状態になってしまいました」

 

そうなると、もう完全に悪循環。自宅の寝室で寝たきり生活を余儀なくされた康介さんは、食事を積極的に摂ろうとしなくなり、痩せ細っていく。

それまで週に2回は近所の仲間たちとゲートボールを楽しんでいた康介さん。そんな彼が嘘のように衰弱していった。

結局、康介さんは転倒から3ヵ月後、寝室で心筋梗塞を起こして、苦しみながら死んでしまった。

このように、60歳を超えた人たちにとって数㎝はおろか、わずか数mmの段差でさえ命取りになってしまう。

あるベテランケアマネージャーは、「87歳の女性が和室からリビングへ移動する際、1㎝もない段差に足をひっかけて大腿骨頸部を骨折したんです。すぐに手術を受けたのですが、一向に回復しなかった。

結局、認知機能も衰えてパーキンソン病認知症を発症。日に日に体力もなくなり、家族ともまともにコミュニケーションを取れないまま栄養失調で亡くなっていきました」と語る。