〔PHOTO〕gettyimages

「応召する気で納期を守れ!」大日本帝国は納税勧奨も過激だった

納税美談・納税標語・納税ソングの世界

ついに消費税率が10パーセントに引き上げられてしまった。万民の痛憤紅涙、措く能わざるところである。

由来、進んで税金を払いたいものなどいない。だからこそ国や自治体は、戦前から「納税思想の涵養」、つまり納税意識の啓発に励んできた。

もっとも、天地を逆さにできないように、嫌な税金を簡単に好きにさせられるはずもなく、その試みは常に苦難と苦笑の連続であった。

 

孫娘が「爺ちゃん、納めて!」と泣き叫ぶ

戦前日本の納税美談は、その典型だった。どんな苦境にあっても、「納税義務の重大なるを痛感して、『――何はさておいても税金だけは!』と、叫びながら納税する人」を取り上げた物語がそれである。

当局は、勇ましい軍国美談を使って国民の士気を高めたように、感動的な納税美談を使って国民の納税意識を高めようとしたのだ。

もっともありがちなストーリーは、父や祖父の滞納税金を、子や孫が貧窮に耐えながらなんとか工面して代納するというものだった。

 「――お父さん――この金でお父さんが未だ納めてゐない村の税金を納めて下さい。そうでないと、お父さんは不忠者とならなければなりません、又私達も学校に出て肩身が狭い――ねえお父さん、早く税金を納めて下さい」(「美古登の山桜」)。

納税美談を読むのは大人だから、その良心を刺激しなければならない。そのため、可憐な娘や孫娘の訴えもよく活用された。つぎは、孫娘が滞納者の祖父を涙で責め立てるものだ。

 「えゝ爺ちやん、爺ちやん、あんたは税金は皆納つてゐると、この間言つたぢやない? 税金が納まつてゐない――税金が納まつてゐなければ、日本国民であつて国民ではないのです、何故爺ちやんは納めてくれないのです、爺ちやんは納めたと言つたぢやないか、爺ちやんはなぜ嘘を言ふのだね、あたし明日から学校に行かないよ……」
 と、直子は叫びながら、爺やを責めつゝ泣いた(「孝女山形直子」)。

なんとも可愛げのない孫娘である。

こうした納税美談は、境遇が貧しければ貧しいほど、美しく光り輝いた。ただ、あまりに悲惨すぎると、「取り立てが厳しすぎるのでは」「税金が高すぎるのでは」と、政府批判につながりかねないというリスクがあった。

もっとも、幼い子供の代納を美談と讃える、その発想自体がおかしいのだが。