横から見た「Surface Pro X」

マイクロソフトが最新「Surface」で見せた「日本的もの作り」

「攻め」の製品はいかにして生まれたか

「おどろきの大変化」を体感

現地時間の10月2日、マイクロソフトは米・ニューヨークにて、同社のPCを中心としたハードウエア製品「Surface」シリーズの発表会を開催した。

Surfaceニューヨーク市内でおこなわれた新Surfaceシリーズ発表会のようす
拡大画像表示

Surfaceが初めて登場したのは2012年のこと。

それから7年、日本でもノートPC「Surface Pro」はヒットし、街中でもよく見かける製品となった。マイクロソフトもこの間、大きな変貌を遂げてきている。

しかし──、今回の新製品発表ほど、「マイクロソフトの変化」を体感させられるイベントは、過去になかった。

どういうことか。

まず、独自のプロセッサーを自社製造し、さらには2020年──すなわち1年後に発売を予定している「Surface Duo」では、Googleと提携したうえで、OSにWindowsではなくAndroidを採用したほどなのだ。

マイクロソフトはなぜ、ここまで劇的に変われたのか?

そして、その結果、どのような「ハードウエアを売る」企業になったのか?

発表会と事業責任者へのインタビューを紹介しながら、詳しく分析していこう。

 

会場がどよめいた新製品は?

発表会の壇上には、マイクロソフトでチーフ・プロダクト・オフィサーを務めるパノス・パネイ氏が立っていた。同氏は、Surfaceシリーズ開発チームを当初から率いる、「Surfaceの産みの親」ともいえる人物だ。

デモビデオが流れ、パネイ氏が2020年発売予定の新製品を手にもつと、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。足元から突き上げるような「どよめき」をともなう歓声は、過去数年間、多数参加してきたプレスイベントのなかでもほとんど体験がないくらい、特異な盛り上がりだった。

発表されたのは、2つの「未来に向けた」製品だ。

「二画面」製品今回、発表された製品の中でもいちばんの注目は、写真中央に鎮座する2つの「二画面」製品だ
拡大画像表示

発売時期は2020年のホリデーシーズンだから、1年先の製品である。それが、後述する「今年売られる製品」よりもずっと大きなおどろきをもって迎えられたのだ。

製品の名は、「Surface Duo」と「Surface Neo」。

どちらも中央で2つの液晶ディスプレイをつないだ、本のように開閉できる「二画面デバイス」である。発売時期がまだ先であることからか、詳細な性能などは明らかにされていないが、その可能性の一端は示された。

「Surface Duo」「Surface Neo」左が「Surface Duo」、右が「Surface Neo」
拡大画像表示
パノス・パネイ左手に「Surface Duo」、右手に「Surface Neo」をもつパノス・パネイ氏
拡大画像表示

先に発表されたのは「Neo」だ。