〔PHOTO〕gettyimages

ドイツ挙国一致のCO2削減作戦は現代版「文化大革命」なのか

政治システムが旧東独に似てきた…

ドイツ初の温暖化防止法案

「あなた方は私の夢を奪い去った」
「あなた方は私の子供時代を空虚な言葉で台無しにした」
「人類は苦悩し、死んでいく」
「環境システムは瓦解している」
「我々は大量死の始まりにいる」

・・・と、こんなことを、もし、トランプ大統領が国連総会で言ったとしたら、「フェイク情報の垂れ流しだ」、「人々を無為に恐怖に陥れようとしている」として、間違いなく袋叩きにあっていただろう。

しかし、Fridays for future運動のリーダー、16歳のグレタ・トゥンベリ氏は9月23日、このスピーチで大喝采を受けた。ドイツでも、ほとんどの政治家やジャーナリストが、彼女を絶賛している。

photo by Gettyimages

実際には、我々は大量死の始まりにはいないし、人類が苦悩して死んでいくのは、温暖化のせいではない。もし、グレタ・トゥンベリ氏が不幸な子供時代を過ごしたなら、それは気の毒なことではあるが、でも、地球の温暖化のせいではなかっただろう。そもそも、彼女が幸せな子供時代を過ごせなかったことと温暖化に、どういう関係があるのだろう。

 

このスピーチの3日前の9月20日、ドイツ政府は初の温暖化防止法案を公表した。法案といっても閣議で決まったわけではなく、メルケル首相と6人の大臣、内閣官房長官、そして報道官などで組織された気候特別委員会(「気候内閣」と呼ばれている)が決めたものだ。

中身は、パリ協定で決めた温室効果ガスの削減目標値(2030年までに1990年比で55%、2050年までに少なくとも80%)を守るために何をすべきかということ。

付け加えるなら、この日はドイツ中で、早急な温暖化防止対策を政治家に求める人々が、大々的なデモをしていた。ベルリンでも、首相官邸を睨むかのように27万人もの人々が集まった(警察発表)。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら