2019.10.06
# エンタメ

令和歌舞伎は群雄割拠だ! 海老蔵世代がいよいよ跳躍する

團十郎襲名で劇界地図はどう変わる?
中川 右介 プロフィール

菊之助のポジション

「團十郎」と「菊五郎」が並び立つのは明治の、9代目と5代目の時代からだ。

大正から昭和戦前まで、一時代を築いたのが6代目菊五郎だった。

5代目歌右衛門没後は、短期間ではあるが、菊五郎がトップであり、初代吉右衛門がそのライバルという「菊吉時代」があった。

若き日の菊五郎と吉右衛門は、五代目歌右衛門が君臨する歌舞伎座では主役がまわってこないので、市村座に出て競い合い、人気役者となった。

だが吉右衛門が裏切って市村座を脱退して歌舞伎座に行ってしまい、以後、菊五郎は孤軍奮闘したが、力尽きて、歌舞伎座に入った。無念であったろう。

そういう経緯があるので、菊五郎・吉右衛門は、以後は共演は少なく、それぞれの一座で公演し、2人が亡くなった後、その子どもたちの代になっても、この体制がしばらく続いた。

 

そして、当代の菊五郎の長男・菊之助と吉右衛門の4女とが結婚した。

菊之助は結婚後は、義父である吉右衛門に呼ばれて同座することも多くなり、菊五郎家と吉右衛門家双方の藝を継承しつつある。

海老蔵と菊之助はともに1977年の生まれだ。

海老蔵は2010年に結婚し、13年3月に長男・堀越勸玄が生まれた。菊之助は2013年2月に結婚し、同年11月に長男・寺嶋和史が生まれた。学年では堀越勸玄のほうがひとつ上になるが、次の團・菊も同年生まれとなる。

12代目團十郎は1946年生まれ、7代目菊五郎は42年生まれで4歳差があったが、その息子と孫たちは同年生まれなのだ。

では、その父たちはどうだったか。11代目團十郎は1909年、7代目梅幸は1915年に生まれ、この代は成田屋のほうが6歳上だった。それでも同世代と言ってよく、2人は青年時代から共演していた。

勸玄・丑之助まで含めれば父子四代が同世代である。計算したかのようだ。

海老蔵襲名披露公演では、菊之助が地方の劇場では相手役をつとめ、将来の團菊が、今後も共演を重ねていくかと思われたが、そうはならず、2人の共演は團菊祭以外は、ほとんどなくなった。

それぞれ別の道を歩むが、少なくとも年に一度は一緒にやろう、という関係である。

迎え撃つ幸四郎・猿之助

海老蔵・菊之助より数歳上で、すでに当主の名を襲名したのが、幸四郎と猿之助である。

彼らの祖先である、7代目松本幸四郎、初代市川猿之助は、ともに9代目團十郎の弟子だった。9代目亡き後は、幸四郎と猿之助のどちらが『勧進帳』の弁慶を演じるかでもめたこともあった。

したがって、うるさいことを言えば、家同士のつながりでは、この幸四郎・猿之助は、海老蔵の弟子筋にあたる。

関連記事