Photo by GettyImages

競泳・池江璃花子も頼った…? がん「民間療法」の知られざる実態

すがりたくなる気持ちもわかるけど

がんを患い、得体の知れぬ民間療法にハマる著名人の話を聞くと、「よせばいいのに」と感じる人も多いだろう。だが、もし自分が同様にがんを宣告されたら、そうした治療に頼らないと断言できるだろうか。

なべおさみの「施術」

〈NHKの#病院ラジオ(注:ドキュメンタリー番組)を見てると病気と戦ってる人たちが沢山いて、みんな強い意志を持って治療に取り組んでいて、とても勇気を貰いました。辛いことも沢山あるけど、皆さん少しずつ良くなっていくことを願います。わたしもがんばろ〉

9月16日、約1ヵ月ぶりに更新された競泳の池江璃花子(19歳)のツイッターには、「血液のがん」である白血病との闘病への前向きな姿勢が綴られていた。

今年2月に罹患を発表してから7ヵ月あまり。抗がん剤治療を経て、8月末にはディズニーランドを訪れ、9月6日には所属する日本大学の水泳部を応援するため大会会場に姿を見せた。

徐々に明るいニュースが増えてきた池江だが、最近になってコメディアンでタレントのなべおさみ氏(80歳)のもとを、治療の相談のため度々訪れていることが報じられている。

なベ氏は、がん患者などに「気」や「パワー」を送り病気を根絶する能力を持っているとかねてから公言している人物だ。

著書の中でも、ソフトバンクホークス会長の王貞治氏をはじめ、多くの人々に「施術」してきた過去を披露している。

なべ氏の施術の仕組みは〈病巣に存在している悪きものの本質を、一度私の体に移動させて、それを私は滅してしまう〉(『スター万華鏡』)という、にわかに信じがたいもの。

 

だが、池江に限らず、がんに罹った著名人たちがこうした常識を超えた治療法に頼る様子がたびたび伝えられてきた。

昨年8月、乳がんで亡くなった漫画家のさくらももこさん(53歳没)は、「波動を利用して難病を治療する」という「バイオレゾナンス療法」(週1回の通院で約2万円)を熱心に試していたという。

また、'17年に乳がんで亡くなった小林麻央さん(34歳没)が通い続けていたのは、「高温の水素風呂に浸かるとがん細胞が消える」という謳い文句の「水素温熱免疫療法」を売りにするクリニック(週1回の通院で約3万円、現在は閉院)だった。

いずれも、なべ氏の施術と同じく、科学の常識からは大きく外れている。

「基本的には、『保険適用になっていない』=『がんに効く治療効果は証明されていない』と考えたほうが無難です」(日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授の勝俣範之氏)

確かにそうだろう。その一方で厚生労働省が'05年に発表した調査では、がん患者の44.6%が、何らかの補完代替医療(民間療法)を利用していることが明らかになっている。実に2人に1人は民間療法を利用している計算だ。