〔PHOTO〕gettyimages

あの巨大企業で起きた「59歳女性アルバイト死亡」の深層

遺族に話を聞いてみると…
ジャーナリスト・横田増生氏の『潜入ルポ amazon帝国』で明らかになった衝撃の事実――小田原物流センターでは、稼働から5年で5人のアルバイトがセンター内で死亡していた。59歳の女性アルバイト、内田里香(仮名)もそのひとり。遺族は「アマゾンからの連絡は一切なかった」と言う。

【前回こちら: 日本のアマゾン物流センターで「5年で5人が死亡」という衝撃事実】

 

なぜ早く救急車を呼ばなかったのか

内田が亡くなった翌日に出勤したアルバイトはこう話す。

「朝礼では、緊急に病院に搬送された人がいるんですが、倒れたワーカーさんを発見してから病院に搬送するまでに時間がかかりすぎた、とは言っていました。けれど、誰かが亡くなったという話は一言も出てきませんでした。

とはいえ、毎日顔を合わせている仲間が亡くなればすぐに伝わります。亡くなったのが内田さんであることは、彼女と面識のあった人ならほぼ全員知っていたんじゃないでしょうか」

朝礼で「搬送するまでに時間がかかった」という話が出たということを聞く前から、私が内田の亡くなった経緯を聞いていて私が繰り返し疑問に思っていたのは、なぜもっと早く救急車を呼ばなかったのか、ということである。

〔PHOTO〕gettyimages

アルバイトは、作業場への携帯電話の持ち込みが許されていない。しかし、アルバイトでもリーダー以上となると携帯電話を持っている。

内田が倒れているという報告を受けた最初のリーダーが、すぐに救急車を呼んでいれば、もしかしたら内田は助かっていたのかもしれない、との思いが憤りとともに何度も頭を駆け巡った。

なぜ、電話をかける先が、スーパーバイザーやアマゾン社員である必要があったのか。