「1年間洋服を買わないチャレンジ」をした理由

そんな私があるきっかけで「1年間洋服を買わないチャレンジ」を行いました。

それは、ある友人のFacebookでの投稿。「今年の3月6日から服を買うのをやめています。期限は来年の3月6日まで」その時点で期限の2/3が終了していました。

彼女はいつもとってもオシャレだし、会うとファッションの話で盛り上がります。そんな彼女がなぜ?と思いつつ、コメント欄に「私もやってみたい!でも……1年かぁ」と書き込んだところ、「100日でもいいからやってみて。世界が変わりますよ」という返信をもらい、「100日ならできるかもしれない!」とスタートしたのでした。好奇心が旺盛なので、こういう時のフットワークは軽いんです。

しかし、それまで数日に一度は洋服を買っていた私が、ファッション関係のものを全て買わないというルールにするとすぐに挫折するのは目に見えています。だからマイルールを設定。ファッション小物(靴・バッグ・アクセサリーなど)やアンダーウェア、取材用の衣装はオッケーとしました。そして100日達成時のご褒美も決めておきました。夫とのお鮨。

これだけの準備をして臨んだ「100日チャレンジ」でしたが、それはあっさりと達成できました。うっかり買いそうになる日などもありましたが、それを我慢し「今日もクリア!」という感じで毎日のタスクとして手帳にチェックマーク。10日ごとに「あと〇〇日」とも記入していたので、「よし次の段階に行ったぞー」とゲーム感覚で楽しめたのがよかったのかもしれません。

「買えない」となるとお出かけのたびにクローゼットを物色し、あれこれコーディネート。そうすると新鮮な着こなしを発見できます。また手持ちの洋服を活用するために、きちんとお手入れをするようになりました。