# 地方創生

日本中でいま「地方創生」が大失敗している根本的理由

地方には可能性がある、しかし…
藤野 英人 プロフィール

「シェアビレッジ」という取り組み

秋田県は人口減少率上位の県であり、人口減少に苦しむ多くの地方社会と同様、さまざまな課題を抱えています。

そんな秋田県で五城目町は廃校になった旧馬場目小学校を改造し、2013年にスタートアップのための拠点として「BABAME BASE」を開設しました。

それに丑田さんが反応し、2014年に五城目町に移住。BABAME BASEにハバタクの秋田支店をつくったのです。現在、BABAME BASEには多くのベンチャー企業が入居しており、秋田県の起業率上昇に寄与しています。

丑田さんは「シェアビレッジ」というプロジェクトも運営しています。

 

これは秋田県にある古民家を改造して「ビレッジ(村)」とし、「年貢」と呼ばれる年会費3000円を払えば誰でも「村民」になれるというもので、「村民」になれば古民家に宿泊したり、地元の人との交流を楽しんだりすることができます。

クラウドファンディングで都会の人にふるさとをつくる取り組みともいえるでしょう。こうして交流人口(観光などで訪れる人)や関係人口(地域の人々と関わる人々)を増やすことが、地域の活性化につながっています。