PHOTO iStock

このままでは日本の競馬はダメになる…アーモンドアイ調教師の警告

JRAは本気で凱旋門賞に勝ちたいのか
昨夜行われた第98回凱旋門賞で、日本馬はまたしても悲願を達成することができなかった。残念な結果ではあったが、心機一転、来る10月27日に開催される天皇賞・秋を楽しみにしているファンも多いに違いない。近年稀に見る豪華メンバーが揃うと噂されているからだ。

上位人気に推されると予想されているのが、昨年の年度代表馬・アーモンドアイである。国内現役最強牝馬の名にかけて、まさに〝負けられない戦い〟となるわけだが、その調教師で、初の著書『覚悟の競馬論』(講談社現代新書/10月16日発売)を上梓した国枝栄氏が今、じつは日本競馬の行く末を案じているという。いったい、JRAの何が問題だというのかーー。

激変期を迎えている日本競馬界

近年、日本馬の進化が凄まじい。血統、馬格、スピード、フィジカル、ポテンシャル……どれを取っても、それらの進化は止まるところを知らない。私が1978年に調教助手になった時と比べると、隔世の感があるといっていい。

そうした中、私はこれまで、いかに人と馬とがより良い関係で共存するか、という部分に重きを置いてきた。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催にあたって声高に叫ばれている〝アスリートファースト〟。競馬に置き換えれば〝ホースファースト〟となる。いかに馬の邪魔をしないで、そのポテンシャルを引き出し、最高の走りをファンのみなさんに披露できるか。

競馬は事前の輸送状況や当日の天候、馬場状態、距離、枠順、位置取りなど、さまざまな条件で変化する。競走馬同様、レースも生きているのだ。

アーモンドアイが昨年のジャパンカップで出した世界レコードも、すべての要素が合致したからこそ、生まれたものに過ぎない。

1978年から中央競馬に身を置いてきた私はこれまで、馬主さんや騎手をはじめとする多くの競馬関係者やファンのみなさんに支えられてきた。

1990年に厩舎を開業後はなかなか重賞を勝つことができず、少なからず苦労もあったが、おかげさまで牝馬三冠を成し遂げてくれたアパパネやアーモンドアイなど多くの馬にも恵まれ、いよいよ調教師としてのゴール=定年を間近に控えるところまでたどり着いた。

そんな折、思いがけず「本を書いてみないか」という誘いを受けた。

たしかに、先述した日本馬の著しい進化だけでなく、この40年間で私たち調教師を取り巻く環境もずいぶん変わった。海外レースに挑む馬が増え、外厩も充実してくるなど、まさにいま、日本競馬界は激変期を迎えているといっていい。

そこで、私のこれまでと競馬界が抱える諸問題について記しておくには、いいタイミングだと考え、『覚悟の競馬論』を上梓した次第だ。

「詐欺師、ペテン師、調教師」!?

競馬界にはこんな言葉がある。「詐欺師、ペテン師、調教師」――。ずいぶんと乱暴な表現だが(笑)、言い得て妙だなあ、と私は思う。競争社会ゆえに夢もあり失敗もあり。酷い時には破綻も起こるのが競馬社会だ。

つまり勝てば官軍である。

もちろん、はじめから相手を陥れようとしているわけではない。しかし、一縷の可能性があれば、あの手この手で勝負を挑むのは、調教師の性かもしれない。

私にしても、絶対に走ると思った馬が、見立て違いでまったく芽が出なかったことがある。馬主に嘘をついてだましたつもりはない。逆に、期待していなかった馬が一世を風靡することもある。