食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、モデル・高山都さんがオススメするベトナム料理の逸品。「必ずおかわりする!」というほどお気に入りという料理とは一体どういうものでしょうか。

ライムをキュッと絞って爽やかに。
ベトナム料理のベスト・オブ・前菜

「ベトナム料理って、たくさんのハーブと一緒にいただけるので、お腹いっぱい食べても次の日調子いいのが好きな理由のひとつです」。そんなベトナム料理が楽しめるお店で、高山さんが好んで食べに行くのが「Sugahara Pho(スガハラフォー)」。

場所は淡島通り沿い。神泉駅または駒場東大前駅から少し歩くか、渋谷駅からバスに乗って「松見坂下」で下車してすぐの場所にあります。

「美味しくて、ヘルシーを通り越して、たくさん呑んで食べてしまう。ちょくちょく通っている、好きなお店です」。

えごまディライト ¥420

ここで高山さんが必ず注文するのが「えごまディライト」。マストでおかわりするんだとか。「ネギトロにライムをキュッと絞って、えごまの葉でパタンと閉じていただきます。え、3つくらいいける! って言っちゃうほど、美味しい! トロッとした旨みと、えごまの渋みがよく合います」。

これだけで甘み・辛み・酸味・苦み・塩みの五味を一挙に感じられるという魅惑のフード。オーナーの菅原勉さん曰く、「様々な味が楽しめるベトナム料理を楽しむためのスターターに最適です」。ここに来たらまず注文すべし。合言葉は「とりあえず、えごま!」です。

海老と豚肉のバインセオ ¥1650

「ここのバインセオも揚げ春巻きも美味しい」という高山さん。そのうちのひとつ、バインセオはベトナムでは定番の“粉もん”料理。米粉にターメリックやココナッツミルク、少し玉子を加えた生地に、エビ、豚肉、もやし、玉ねぎがくるまれています。それだけでも十分美味しいのですが、これで完成ではありません。この料理の醍醐味はここから。

付け合わせのミント、大葉、シソのハーブ類に、レタス、水菜にパプリカ、コリンキーカボチャ(具材は季節により変更)を一緒にライスペーパーで巻いてパクっと食べるのです。

日本の手巻き寿司感覚で好きな具材を選んで巻くから、みんなでワイワイ食べるべし。クルッと上手に巻けたらニョクチャム(魚醤、酢を使ったタレ)につけて召し上がれ。

T-ブラン ボトル ¥8500

これらの料理に合わせたいのがワイン。世界各国から揃えた赤・白・ロゼは合計で300種類以上(ボトル¥4500〜)! 高山さんはその中からオススメを出してもらうそう。「間違いなく美味しいものがいただけます。合わせるなら白ワインかな。薄い赤もいいなぁ」。

写真のワインは、北海道・岩見沢の近藤拓身さんが作った白。国産は顔が見えるものを、と生産者と直接やりとりして仕入れている。毎日飲みたくなるような優しい味わいで、そっと料理に寄り添ってくれます。ラベルも生産者・近藤さんデザインのお手製でちょっとした遊び心あり。ぜひ、お店でご覧ください。

鶏肉フォー ¥1200

そして忘れちゃいけないのがフォー。「店名がスガハラフォーなだけあって、もちろんフォーも美味しい。絶品です」。昼はランチで、夜は〆で食べる人の多い看板メニュー。牛肉と鶏肉の2種類があり、写真はしっとりとした鶏胸肉のハムが入った「鶏肉フォー」。

鶏ガラでとったダシがベースのスープはスッキリとした飲み口。麺はツルッとしながら食感がしっかり。本場のもっちりしたものよりも日本人向けに仕上がっています。

別皿に盛られたハーブは、千葉県の農家さんから直送。これを加えれば、爽やかな味わいに変身。また、卓上の調味料を入れて自分好みの味にするのがベトナムスタイル。チリオイルで辛くするもよし、魚醤やニンニク酢などで、コクや酸味を出すもよし。好きなようにお楽しみください。

Sugahara Pho(スガハラフォー)
東京都目黒区大橋2-8-21
☎03-6407-0562
営業時間:17:30〜24:00(23:00LO)※木・土・日はランチ営業あり。12:00〜15:00(14:30LO)
定休日:月・火不定休

PROFILE

高山都 Miyako Takayama
1982年12月27日生まれ。ファッション誌のモデルとして活躍するかたわら、ドラマや舞台など女優業もこなす。趣味はランニングと料理。最近は「横浜マラソン」を3時間41分で完走! 昨年発売し、大反響を呼んだ「高山都の美 食 姿「したたかに」「自分らしく」過ごすコツ』と第2弾となる「高山都の美 食 姿2「日々のコツコツ」続いてます。」が発売中。

Illustration:YUGO. Photo:Tatsuya Hamamura Composition:Seiki Ebisu