自覚するだけで症状は軽くなる

むくみ、イライラ、吹き出物、乳房が痛い、落ち込む、涙が出る、体重が増える…。あなたの生理前の不快な症状はどれですか? PMS(月経前症候群)に悩まされているのは、生理のある時期の日本女性の約74%とも言われています。※1 PMSを改善するには、自分のPMSのタイプを知ることが対策選びの役に立ちます。

PMSは不調を自覚するだけで、“症状が軽くなる”とも言われています。自分のPMSタイプを知って、薬選びや化粧品選びに役立てる方法をお伝えします。

photo by iStock

生理前の5日間で、次のような症状があるかどうかをチェックしてみましょう。下記に当てはまるようなら、婦人科を受診して相談するのをお勧めします。治療して治したほうがいいPMSである可能性が高いタイプです。

(1)過去3ヵ月以上連続して生理前5日間に、下記の体と心の症状のうち、少なくともひとつ以上の症状がある。

【体の症状】
・乳房の痛み
・おなかの張り、腰痛
・頭痛
・手足のむくみ

【心の症状】
・抑うつ気分
・怒りっぽくなる
・イライラ
・不安
・混乱
・引きこもり

(2)その症状は、生理開始後から4日以内に症状が改善し、13日目まで再発しない

(3)薬やアルコールによる症状ではない。

(4)これらの症状は、仕事や生活に支障をきたす。

いかがでしょうか? 上の(1)~(4)のすべてに当てはまったら、婦人科を受診して相談したほうがいいPMSの可能性が高いと言われています。

※1 Tanaka E,Momoeda M,Osuga Y et al.Burden of menstrual symptoms in Japanese women;results from a survey-based study. journal of Medical Economics 2013;Vol 16, No 11:1255-1266