7人に1人が貧困に…貧しさを生きる、看過できない「子どもの現実」

児童書が「貧困ジャーナリズム賞」を獲ったワケ
片寄 太一郎 プロフィール

社会と切り結ぶ児童書たちが続出

ここ数年、『むこう岸』以外にも、貧困をテーマにした児童書が出版されています。

今年刊行された児童書をみますと、中島信子さんの『八月のひかり』(汐文社)が注目を集めています。母と弟と三人で暮らす小学五年生の少女が友だちと遊ぶことなく、働く母に代わって家事をしている夏休みが描かれていますが、「いつもおなかがすいているから」遊ばないという彼女のおかれた状況、貧困の描写は真に迫るものがあります。

また、上條さなえさんの『月(るな)と珊瑚』(講談社)は、沖縄で暮らす勉強ができない小六の少女の日記というスタイルで、上空から響いてくるオスプレイの爆音に震える小学校生活や、貧しさ故に夢を持てないと考える少女たちの日常が描かれます。

一昨年に刊行された、栗沢まりさんの『15歳、ぬけがら』(講談社)は、ゴミ屋敷となっている市営住宅で暮らす中三の少女が、学習支援塾との出会いから、自分の将来を見つめるきっかけをつかむストーリーです。

児童書に対して、「子どもには『こうあってほしい』という、教育的な見地から書かれた話が多そう」という印象を持っている人も少なくないでしょう。しかし、いまご紹介した物語は、どれも、子どもたちよりもむしろ大人たちが目をそらしたい現実をストレートに提示しています。いえ、「教育的」どころか、大人たちが、子どもたちから遠ざけていたり、説明ができない現実を子どもたちに伝えているとも言えます。

 

現実をシビアに描いた児童書は、「貧困」のみならず、さまざまなテーマの作品が刊行されています。建前でなく本音をむき出しにして対象読者に迫る児童書の書き手が増えているということでしょう。

若年層を対象読者としている児童書であるがゆえ、どれだけ設定がシビアであっても、物語として面白く、ラストまで興味を引き続ける作品が多いのも特徴です。そのため、大人が読んでも、自分の知らない現実に触れる好テキストとなり得ます。

秋の夜長、『むこう岸』という児童書がジャーナリズムの世界から光を当てられたのをきっかけに、「リアル路線の児童書」に注目してみてはいかがでしょうか。

***

五年生の美貴は、働くお母さんのかわりに料理や洗たくをして、毎日を家ですごしていた。美貴には、夏休みに遊ぶような仲良しの友達はいない。学校でも、だれとも友達になりたくないと思っていた。それには理由があって…。伝説の児童文学作家・中島信子の20年ぶりの新作。
ひらがなだらけの作文をばかにされたのをきっかけに日記をつけることにした沖縄の少女・珊瑚は、『ベルサイユのばら』の世界から抜け出したような月(るな)という転校生と仲良くなりたくてたまらない。珊瑚の日記を通じて、沖縄の子どもたちが感じていることのすべてが浮かび上がる。沖縄に移住した作者が贈る、新たな児童文学の可能性。
母子家庭で育つ中学三年生の麻美は、「いちばんボロい」といわれる市営住宅に住んでいる。家はゴミ屋敷。この春から心療内科に通う母は、一日中、なにもしないでただ寝ているだけ。食事は給食が頼りなのに、そんな現状を先生は知りもしない。夏休みに入って、夜の仲間が、万引き、出会い系と非行に手を染めていくなか、麻美は同じ住宅に住む同級生がきっかけで、学習支援塾『まなび~』に出会う。『まなび~』が与えてくれたのは、おいしいごはんと、頼りになる大人だった。泥沼のような貧困を生きぬく少女を描いた講談社児童文学新人賞佳作!

関連記事