Photo by iStock

7人に1人が貧困に…貧しさを生きる、看過できない「子どもの現実」

児童書が「貧困ジャーナリズム賞」を獲ったワケ

児童文学がジャーナリズムの賞を受賞!

先月の9月28日、「貧困ジャーナリズム大賞2019」の表彰式が行われました。この賞は、「反貧困ネットワーク」(世話人代表・宇都宮健児弁護士)の主催で、「貧困問題への理解と意識を持ち、正確に、かつ継続的に報道するなど、顕著な報道活動を行ったジャーナリスト個人を対象」に、受賞者を選んでいるものです。

12回目を数える今年の表彰式では、賞の事務局が冒頭の挨拶で、今年は受賞者の顔ぶれが多岐にわたっているという指摘をしました。過去の受賞者を見ますと、NHK、朝日新聞、毎日新聞などの大きなメディアに所属する取材者たちが受賞者に名前を連ねています。

 

しかし今年は、そうした大メディアと並んで、児童文学作家の安田夏菜(やすだ・かな)さんの小説『むこう岸』(講談社刊)に、貧困ジャーナリズム大賞特別賞が贈られたのです。事務局に確認しましたところ、児童文学作家の受賞は、これが初めてということでした。

ジャーナリズムに対して贈られる賞を、児童文学が受賞した背景には、言うまでもなく7人に1人が貧困状態にあるとされる「子どもの貧困」が社会の課題として無視できなくなっていることがあるでしょう。さらにもう一つ、世の中のリアルと対峙し、そこにある問題を若年層に的確に届けようとしている児童書が増えていることも理由として挙げられると思います。

授賞式で自らの体験談とメッセージを語ったタレントの中川翔子さん

ちなみに今年は、自らの体験を元に、「生きづらさ」を抱える子どもたちにエールを贈る活動を続けているタレントの中川翔子さんに対しても、特別賞が贈られています。

中川さんは表彰式で、「私はイジメを受けて死にたかったことがありますが、『死なないで、生き延びてよかった』と思えるには時間がかかりました。死にたかった夜の先に見つけた気持ちを、いま、大人になった自分が、子どもたちに伝えるために、どんな言葉を見つけられるのか。これからも発信していきたい」と挨拶をしました。