グレタ・トゥーンベリさん「怒りのスピーチ」を批判するすべての人へ

「普通」ではないと笑っていいのか…
原田 隆之 プロフィール

振り返ってみれば、これまで世の中を動かし、革命的な活動をした偉人たちは、皆「普通」ではない並外れた豊かな個性を持った人々だ。

イエス・キリストだって、ガンジーだって、マザー・テレサだって、「普通」ではない。「普通」ではないからこそ、「普通」の人々以上に、何かに集中したり、並外れた行動力や努力で偉業を達成できたりしたのである。

「障害」というつまらないレッテル貼りは、「普通」とは違った能力や個性を矮小化するために用いられるべきものではない。それは偉人であろうがなかろうが、同じことである。

一方、レッテル貼りでは飽き足らず、「普通」ではないことを、嘲笑ったり批判したりする人々がいる。

 

グレタさんを批判する人々

グレタさんのスピーチの直後から、彼女を賞賛する声とは逆に、多くの批判や侮辱ともとれる言葉が、SNSを中心に寄せられている。ちょっと検索しただけでも、いろいろと出てくる。

上に引用したツイートは、彼女を批判するだけでなく、言葉遣いがいちいち差別的であることも特徴である。

ほかにも「気持ち悪い」「違和感が拭えない」「こんな表情は異常」「ナチスと繋がっている」などという感情的な投稿や意味不明の投稿もある。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/