photo by gettyimages

2年で十分! 自分が生きている間に「進化」を目撃する方法

数百万年かかる「進化」と何が違うのか

進化は数年で起きる

最近、「進化はとても速く進む」という話を、よく聞くようになった。

これまでは、進化はとてもゆっくりと進むので、人間の一生のあいだに進化を目の当たりにすることはできないと言われていた。でも、そんなことはなくて、一生のあいだに進化を見ることは十分に可能だと言うのだ。

たとえば、中部アメリカ原産のグッピーという魚は、捕食者(グッピーを食べる魚)がいない環境では、オスの体色が派手になる。そのほうがメスに好まれるからだ。一方、捕食者のいる環境では、オスの体色は地味になる。そのほうが捕食者に見つかりにくいからだ。地味になるとメスに好まれなくなるというデメリットはあるものの、捕食者に見つかりやすいほうが、デメリットとしては大きいのだろう。

【写真】グッピー
  グッピー。オスの体色が派手だとメスに好まれるが、捕食者に見つかりやすい photo by gettyimages

プリンストン大学のジョン・エンドラー(1947~)は、このグッピーを使って、進化の実験を行った。グッピーの生息地に似せた、長さ十数メートルの川や滝を作って、そこにグッピーを放したのだ。そして、体色に差のないグッピーの集団を、捕食者のいる環境といない環境で生息させて、どのように進化するかを観察した。

実験の結果はおどろくべきものだった(もっともエンドラー自身は、そういう結果を予想していたふしがあるので、驚かなかったかもしれない)。同じ体色のグッピーの集団は、だいたい2年で自然界と同じ体色に進化したのだ。

グッピーは生後2ヵ月弱で繁殖可能になるので、2年といえば十数世代だ。こんなに速く進化するなら、人間が一生のうちにグッピーの進化を見ることは十分に可能だろう。

別の話もある。ハワイ諸島には、コオロギに寄生するハエがいる。コオロギが鳴くと、このハエに見つかりやすくなる。そのため、ハワイ諸島のコオロギは、鳴かないように進化した。この進化は5年弱、だいたい20世代で起きたという。

実は、こういう話はたくさんある。数年のあいだに、目で見てはっきりとわかる進化が起きる例は、じつは珍しくないのである。ということは、進化って数年で起きるものなのだろうか。

でも、何か変な気もする。やはり、進化は長い時間をかけて起きるというイメージも、捨てきれない。

たとえば、私たちヒトとチンパンジーは、昔は同じ種の生物だった。ところが約700万年前に分岐して、現在ではヒトとチンパンジーという異なる種に進化した。つまり、ヒトとチンパンジーぐらい違う生物に進化するのに約700万年もかかったわけだ。

【写真】ヒトとチンパンジー
  ヒトとチンパンジーという異なる種に進化するのに700万年かかった photo by gettyimages

進化は数年で起きるというけれど、やっぱり進化には莫大な時間がかかるのではないだろうか。だって、5年や10年経っても、チンパンジーもヒトも全然進化したようには見えない。いや、百年や千年経ったとしても、ほとんど進化しないのではないだろうか

いったい進化は速いのか遅いのか、どちらなのだろう。