〔PHOTO〕iStock

なぜ40代は「若者の童貞化」を許せないのか?

「ヤラハタ」という呪いがあった時代

あなたは「童貞問題」を知っているだろうか。

20代男性の4割が童貞という、驚きの統計データのことだ。当然ながら女性も20代も約4割が処女。いまの20代にとって、処女や童貞はいたって普通のことなのである。

しかし、これを「そうなんだ」とは受け容れられない世代がいる。それは、アラフォー代だ。

 

20代童貞率が最低だったのは…

国立社会保障・人口問題研究所などのデータを当たると、2000年ごろに20代の処女・童貞率が最低を記録している。つまり1975~80年生まれ、現在40代前半の男女は、若いうちに童貞・処女を脱する傾向にあった。今のアラフォーは、脱・童貞が早かったのだ。

その背景には、「童貞はダサい」という認識があった。

〔PHOTO〕iStock

「ヤラハタ」という呪い

ヤラハタ、という言葉を知っているだろうか。「やらずにハタチ」――つまり、童貞あるいは処女のまま20歳を迎えることを指す。

ヤラハタという言葉が広まったのは、1990年ごろからだとみられている。

1975年生まれならこれを読むのは15歳。今と違ってインターネットもなかった時代であり、雑誌は思春期のトレンドをけん引する力を持っていた。

さらに「20歳までセックスをしなければEDになる危険がある」「セックスは人を精神的に成長させるから20歳までにしておくべき」などの科学的には実証されていない根拠づけがなされ、当時の若者はあせりにあせった。童貞・処女であることはダサいという風潮が、こうして定着したのだ。