Photo by iStock
# マイクロソフト # AI # 麻雀

マイクロソフト「麻雀AI」の衝撃…麻雀界はここまで激変する

とつげき東北×ASAPIN×水上直紀

2019年8月29日、マイクロソフトは、自社のAI「Microsoft Suphx(スーパー・フェニックス)」(以下、「Suphx」)がオンライン麻雀ゲーム「天鳳」において、AIにとっての実質的な最高位と考えられる段位、10段(AIは原則として鳳凰卓で打てないため)に到達したと発表。全世界に衝撃を与えた。

これまでにも他のAIが「天鳳」に参戦したことは過去あったが、最高位に到達するのは初めてのこと。囲碁や将棋、チェスといったテーブルゲームとは異なり、不完全な情報が多く、また運の要素が絡むと言われる麻雀は、トッププレイヤーに匹敵するAIの実現が難しいとされてきた。

今回、『科学する麻雀』などの著書で知られる麻雀の科学的研究の第一人者・とつげき東北氏、「天鳳」の最終到達点である天鳳位を史上初めて獲得し、現在はMリーグ(2019年は本日9月30日から開幕、2018年に発足した競技麻雀のチーム対抗戦のナショナルプロリーグ)選手として活躍するASAPINこと朝倉康心氏、ここ数年にわたって麻雀AI界の先陣を切ってきた麻雀AIソフト「爆打」の開発者・水上直紀氏による鼎談が実現。「Suphx」の実力、さらに麻雀AI、麻雀界の今後について語り尽くした。

 

麻雀AIのファーストインパクト

とつげき東北(以下、凸):まずは、AIで初めての「天鳳」特上卓10段達成、これは偉大なことだなと思うのだけど、ASAPIN、トッププレイヤーのMリーガーとして率直な感想は。東大大学院で麻雀AIを開発されていた水上さん、研究者としての印象は。

ASAPIN(以下、A):いや、あっぱれというところですね。マイクロソフト来ちゃったらプロは勝てるのか、と。トップレベルの「鳳凰卓」の1ランク下の「特上卓」とは言え、和了率を23%に保ちながら、放銃率を10%まで下げるって相当しんどいところですよ。ぼくでもずっとできるのかわからない。本当に攻守ともに巧いなと。

ASAPIN(朝倉康心):1986年生まれ。福井県小浜市出身、Mリーガー。オンライン対戦麻雀「天鳳」で史上初の天鳳位を獲得し、その後麻雀解説や対局番組などにアマチュアの強豪として出演。それらの実績が認められ、昨年春に最高位戦日本プロ麻雀協会へ推薦入会した。MリーグではU-NEXT Piratesからドラフト2位指名を受け、初年度のレギュラーシーズンにおいて個人成績21人中4位。Twitter:@asakurapinpin

水上直紀(以下、水):AI研究していた自分の立場からだと、「あ、マイクロソフト? 黒船来ちゃった」感はあります。

水上直紀:博士(工学)。1989年石川県生まれ。大学院修士課程より本格的に麻雀AIの開発を始める。
東京大学工学系研究科電気系工学専攻 博士課程 修了。
現在、HEROZ株式会社にエンジニアとして勤務。著書『麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法』(竹書房)、PCゲーム『麻雀AI革命 爆打』(マイナビ)が発売中。Twitter:@bakuuchi_info