水も食べ物もない…極限状況を生き抜くための「3・3・3の法則」

砂漠でのサバイバル術
TRANSIT編集部 プロフィール

#6 ヘリだ!今こそ「助けて」の合図!

誰かに居場所を知らせるためには、火や煙、そして30 km以上先まで届く鏡の反射光を使うのが効果的。もし上空をヘリなどが通ったときに、次にすべきは自分の状態を伝えること。両手を上げると「引っ張り上げて」の意、ひらがなの「て」のようなポーズは「ここに着陸して」の意

 

#7 ミネラル不足で体がしんどい…

体を動かすのには、水だけでなく塩が不可欠。砂漠の砂には塩分が含まれていることが多く、雨のあと地面の水が蒸発するときに塩が地表付近まであがってくる。水が完全に蒸発したあと、とくに水の流れができるワディ(涸れ川)の表面を掘ってみると、塩の結晶が見つかるかも。ただし、塩分摂りすぎには注意。